Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 08日

CR-Zに試乗 - (CR-Z Test Drive)

グリーンマシーン003 CR-Zに試乗してきました~ρ(^◇^)ノ

はっきり言って、かなり良かったです。欲しい(^-^)
乗ってきたのは、CR-Z【α】。
ミッションはCVTのものでした。オプションはHDDナビが付いていた位。
d0087549_012480.jpg




東京モーターショー以来の、ナマ・お姿拝見ですが
近くで見る実写は、よりコンパクトで低く、幅もワイドに見えます。
チョッピリ未来的な感じがします。
試乗は、珍しいオレンジ色でした。
でも思ったより、派手さはなかったかな。
d0087549_0122876.jpg

ヘッドライトの下に部分には、アウディみたいなLEDポジションランプが埋まっています。
d0087549_0131920.jpg

これ、LEDを直に光らせているのではなく、リフレクターで光らせているそうです。
なんか 「ツブツブ感」がイマイチなのは、そのせいなんですね。
Auditみたいにして欲しかったなぁ。


席に乗り込もうとすると、ドアがすっごいデカイ事に気がつきます。
ボディーの殆どが、ドアじゃないの!?って位。
おかげで、松葉杖でも乗りやすかったです ヾ(´▽`;)ゝ

シート位置は、少し腰を落として乗る感じ。
イイ感じに低いポジションで座ることが出来て、ちゃんとスポーティな感じです。

リヤ・シートは、超ミニマムΣ(・∀・;)
乗れません
無理しても、子供ですら乗れないと思います。
北米使用は、完全なる2シーターとして売られるらしいけど、ソレも納得の狭さでした。
営業さん 「これはね、3人乗りなんです。後ろの人は、横向き」なんて言ってました。
もちろん、冗談ですけどソレくらい狭いんです。

居住性で言えば、トヨタiQの方が上です。あっちの方が、マトモに3人乗れるから。


さて。

エンジン始動。
スマートキーレスが付いていたので、キーは挿す必要は無く
普通の車のキーを挿す部分についているノブをひねるだけで、
エンジンが掛かります。
メーターパネルは、とても綺麗。奥行きがあって、なんだかとっても凝っています。
トヨタのオプティトロンメーター(?)みたいな感じです。
d0087549_0155249.jpg

ちなみに、スピード&タコメーターは、円筒状のカバーの奥に
配置されているので、助手席からは全く見えないようになっています。
スピードはドライバーだけのヒミツなんでしょうか ァ '`,、'`,、('∀`) '`,、'`,、


左右には、エンジンのモードを切り替えるボタンだのなんだのぐちゃぐちゃ付いていて、かっこ悪いです。
どうやらコレは、CR-Xのデザインを踏襲しているそうなんですが、
SORTS/NORMAL/ECONのボタンなんて、1つで済むはずだし、もっと綺麗に配置して欲しかったなぁって思いました。

止まったまま、アクセルを踏み込んで4000~5000rpmまで回してみると

おぉ!!!


いい音してるじゃないですかっ

きっとフィットみたいな、だせぇエンジンの音かと思っていたら
なかなかスポーティな音が聞こえます。


一気にやる気Upです( ゚∀゚)ノ

路上に出たら、マズは【Sports】に切り替えてアクセルベタ踏み(笑)。
メーターの真ん中のリングは、赤くなって更にコーフンを誘います。

1000~2500rpm位は、CVTのせいかちょっともたつくところが有るのだけど
途中から、ぐぐぐぐ~~~っと加速します。
コレは1500ccの加速じゃないです
サスガは、モーターアシスト。
インサイトの時は正直「う~ん(´ε`;)」な加速だったケド、バッチリとトルク感が上がっています。
1800~2000ccのエンジンを載せた車に乗って居る感覚です。

そのままアクセル踏みっぱなしにすると、4000か5000rpm辺りで
突然、エンジン音が変化してエンジンの吹け上がり速度が早くなります

まるで昔のVTECエンジンみたいです。

コレはエンジンの特性っていうより、CVTかアシスト・モーターか何かの味付けで
高回転域で変化が出るように、演出しているように思えます。

とにかく、加速はキモチイイって感じでした。

足回りは【硬い】
CiVIC TYPE-Rみたいな、ガッチンガッチンな固さではないけど、
普通の車にしたら、かなり固め。
ゴツゴツ感は、結構有ります。
でもこの足、結構 「走るぞっ」 ってキモチにさせてくれます。

腰高な感じが全くなくて、ハンドルを切っても変なロールがありません。

走ってて、楽しくなっちゃうんです\(^o^)/

試乗コースは、ちょっとしたUp/Downとカーブが沢山ある場所なんですが
ついつい、高めの速度で入っていってしまいます。
もちろん、ブレーキはキチンと利くので危ないことは無いのだけど。
そんな風に、ちょっと 「走ってみたい」 気分が盛り上がってきちゃうんです。
CVTだけど、ハンドルに付いたパドルを操作しながら走ると
ホント、楽しいです。


あぁ、マニュアルで運転したい



と、凄く思いました。

NORMALモードやECONモードでも、走りましたが少ないアクセルでも
必要十分以上の加速感が味わえるし 「CVTの車だから┐(´д`)┌」なんて気分にはなりませんでした。
むしろ、流れをリードするようなペースでも走れるんじゃないかな。


走っていて途中で思い出しました。
「コレはHybridカーなんだ。」と。
Hybridといえば、多少カッタルくても燃費が良いからガマン的な走りだったり、
燃費に気を使う運転をすると思います。
特にプリウスに乗った時は"いかに回生するか" "いかにエンジンを掛けないか"なんて事に、燃えました(笑)

しかしっ

CR-Zに乗っているとそんなこともう 「どうでもいい」 です(笑)。
アクセルをバンバン踏んじゃいます。

おいらは、走りたいんだよぅ!!! って感じです。

ちゃんとエコ運転をすれば、メーターリングが【緑】に発色して
いい運転だと教えてくれるんですが、そんな表示は殆ど現れず
ダメダメ運転の【青】色表示ばかりでした。
ちなみにメーターの燃費計によれば、8km/㍑でした。
あれま。


いやぁ、それにしても久しぶりに試乗で大大大大コーフンしてしまいました。

とっても魅力的でした。

この車、Hybridでなくても良いと思いました。
コンパクトなスポーツカーというだけで、凄く価値が有ると思うし実際、運転が楽しいんです。

Hybridというのは、話題づくりでしかなくてコレを1.8㍑~のガソリン車でも、
十分魅力のある車だと思います - そんな大きなエンジンは載せられないとか言う話は置いておいて。

ただ、ソレだとダレも見向きもしないと思うけど。

ハイブリッドっていう、流行の要素があるからこそ予約4700台なんて言う数字が出たんだと思います。
逆に、"Hybird装備"に甘えることなくきちんと車を開発したんだろうなぁって思います。


( 」゚Д゚)」 <ホンダさん、エライよぉおおお~


見積もりも貰ったけど、αにスカイルーフ付で270万程度で1500ccとしては超・高級だけど
走行性能的には1800cc~2000ccとしてみてもいいと思うので、そんなにバカ高いわけで無いと思います。
しかも、今は免税ですから!。

でも、50~100万安くして欲しいなって思います。

こういうの、新卒の人たちに沢山買って欲しいもん。
昔、自分もコレくらいの値段の車を買った経験があります。
社会人になって、5年目くらいだったけど、やっぱり、ローンとか結構悩んで、具合悪くなったくらいです(笑)。
新卒~2、3年目だったら、200万位じゃないとキツイと思います。


それにしても・・・・・・とっても欲しくなっちゃいました(笑)。
帰りにLEDキーホルダーもらいました。コレを見つめてガマンかなぁ~。
d0087549_032891.jpg

[PR]

by tosiee | 2010-03-08 00:36 | クルマねた | Comments(0)


<< 木曜日は病院      曲がらない足首。 >>