Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 26日

スバル アイサイトVersion2体験

スバルのアイサイト(Ver.2)を体験してきました。
d0087549_23323628.jpg

Ver.2とついているだけ有って、以前からあったシステムのようです・・・が、全然知りません。
この機能が発表されたときは、先代レガシィの末期のころでそれなりに注目を集めたけど
あまり世の中に浸透しなかったそうです。

そこで、今回のVersion2!(Version2ってわざわざ言うところが、マジメな技術屋っぽい?)
今度は好調だそうですよ!

■スバル レガシィ、アイサイト搭載車が販売の約6割…月販目標の4倍に■
月販目標である660台の約4倍となる2681台を受注したと発表した。
レガシィシリーズ購入者の56.7%がアイサイトを選択


これ、スゴイと思います!!!



もう、今すぐスバルのお店に行って体験してきてください。
バンバン、プロモーションしている今の時期は、冷やかしさんも歓迎してくれる(笑)ので
気になる人は、お店に行ったほうがいいです。

デモだけかな?とおもったら、きちんと体験させてくれるんですよ。
しかも、公道で


最初は、プリクラッシュ体験。
流石にコレは、駐車場においてあるレガシィlの絵が描いてあるバルーン(?)を置いてテストです。
d0087549_10273267.jpg

「ブレーキは踏まないで下さいね!」


っていわれて、30km/hくらいまで加速したら、バルーンに向かって一直線。
ノーブレーキです。

たった30kmでも、壁に向かって走るのは結構怖いんですよ~(^-^;
ブレーキは・・・中々利きません・・・・「やべぇ、これぶつかるだろ?」ってところで
システム作動! 
数十センチ残したところで、キッチリ止まってくれました。
ホントにギリギリになるまで、動作はしないみたいです。
っていうか、結構止まるもんなのね。 - ハイグリップタイヤに履き替えたら、どうなるんだろう?


次はクルーズコントロール体験です。
これはなんと、公道試乗。
見ず知らずのその辺りを走っている車をターゲットに、全車速追従機能クルーズコントロールを体験さて貰います。
d0087549_10283618.jpg

くっついてゆきたい車を見つけたら、ステアリングのスイッチを「Pi」って押すと、捕捉完了。

車間は一定に保ってくれます。
もちろん、前の車が減速すれば車間が保たれるように自動減速、加速すればやっぱり車間を保って
自動に加速します。
加速の上限は、ステアリングのスイッチで5km/h刻みで設定できるみたいです。

本当に、一定速度&車間でくっついてゆきます。
すごいな~って思ったのは、停止まで自動コントロールなんですよ~~!
アクセルもブレーキも要らない。
ステアリングはきらないと、ダメですけどね (^-^;
停止するときの減速Gはとても自然で、すごい上手な人が運転しているみたいでした。
止まるときに 「カックン」 ってならないし。

途中、追走している車の間に別の車が入っても大丈夫。
今度はその車をターゲットに、車間一定で走ってくれます。


試乗コースは、クネクネ曲がっていてアップダウンも多い道だったのだけど
そういう道では、頻繁に前の車を見失ってしまうようでした。
車間が開いていた(前の車の速度が設定した上限速度よりはるかに速かった)せいもあるのかも
知れないけど、見失った状態だとクルーズコントロールはキャンセルされてしまいます。
それに気づかずぼ~~~っ_(・。・*)φとしていると、突っ込むことになるので、
過信は禁物みたいです。

それと、運転に自信が無い人はあまり速い速度に設定していると、逆に事故る可能性があります。
コーナーでは普通車は、減速するもの・・・・でもこのクルーズコントロールは、前の車が減速しない限りは
速度を保とうとするので思いもよらない速度で、コーナーに突っ込んでゆく可能性があります。
もちろん、そんなときはブレーキを踏めば減速するけど、ハッとする場面に出くわすかもしれません。
試乗中は、前の車が不幸にもアコードEuro-Rでした。
こういう車に乗っている人は、コーナーが速い(かなり突っ込み気味だった)ので(笑)、怖かったー。

同じようなコトは、交差点を曲がるときにも・・・。
信号が青に変わってから、クルーズコントロールの機能で自動発車させた場合、自分は曲がる、
前の車は直進だなんてときは、前の車に付いていってどんどん加速しようとするので、怖いです。
これも、自分でブレーキ踏むといった行為をすればよいのだけど。


一般道では、あんまり使わない方がいいかもしれません。
ぎゃくに、高速道路で鬼渋滞なんてしているときは、すっごい楽だと思います。
多分、車内でラーメン食ってても、前の車にぶつからないと思います!!


車線はみ出し警告もしてくれるみたいで、蛇行したり車線をまたぐと
警告音が鳴りました。
ただこの警告音が控えめ・・・ ぴぴぴぴぴぴ位。
多分オーディオでかき消されると思います。
どうせならびびびびぐらい鳴ってもいいと思います。
意図的に蛇行してみたけど、警告は最初にはみ出した1回しかなりませんでした・・・うーん。
ただ、びゅんびゅん蛇行しても車がすげぇ安定している感じなのは、感動しました。
地面にべた~~~~って張り付いている感じで蛇行できちゃうんですよ!
これは、AWDだからなのか足回りのせいなのか解らないけど、ちょっと遊んじゃいました (^^ゞ


とにかく機能としては、すごく面白いと思うしスゴイって思います。
これが、10万円Upで装着出来るならみんな買うよね。
カーナビ買うような感覚だもん。

案内してくれた営業マンも、Eyesightを紹介するときはちょっと誇らしげ?な感じもしました。
自分の売っている車に、こういう技術があると売るほうもワクワクするのかな?
日産にGT-R、トヨタにプリウス、スバルにEyesight!みたいな? メーカーの技術力を誇示するような
商品があると、買う側の見る目もちょっと変わるし。
プリクラッシュセーフティ機能は他のメーカーもやってるけど、ココまで廉価で実用性がある(ありそう)
なのは、今のところこのシステム位だもんね。

■Eyesightのオフィシャルサイト
http://www.subaru.jp/eyesight/eyesight/
[PR]

by tosiee | 2010-06-26 23:59 | クルマねた | Comments(2)
Commented by hide at 2010-07-13 04:29 x
はじめまして、記事拝見いたしました。自分もディーラーにて体験しましたが、たかだか10キロくらいの速度でしかできなかったのでちょっと不満でした。tosieeさんはどちらで体験されましたか?ディーラーですか?イベントですか?自分の30キロの速度にて是非体感したく思いますのでtosieeさんが体験された場所を教えて頂ければ幸いに思います。
Commented by tosiee at 2010-07-13 22:28
hide さん
コメント有難うございますm(__)m
店舗によって、体験させてくれる項目は違うみたいですね。
知り合いは、衝突回避しか体験させて貰えなかったそうです。

試乗は東京都内のディーラーです。
店舗まではちょっとココには書きづらいので、ゴメンナサイ。
事前にTELで、試乗内容を確認してみるのも手かも知れませんよ♪。

「公道でOK」出たら、そこへダッシュですっε≡≡ヘ( ´∀`)ノ


<< 珍しく…      対 デンマーク >>