Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 25日

FIAT500 TwinAirに乗ってみた!

その存在を知った時から、すごく気になっていてずっとずっと乗ってみたかった
FIAT500 TwinAirに試乗してきました。
d0087549_23634100.jpg
以前、アルファロメオ・MITOを見に行ったときは
誰もお客さんがいないのに 「試乗はご予約いただいてから」 の一点張りで
乗せてもらえなかったけど、フィアットは飛び込みでも大丈夫でした。

この車、やっぱり小さいですね!
d0087549_239922.jpg
国産車に無い、可愛さがあります。
っていうか、Vitzもマーチも可愛いっていうより安っぽさが目立って好きになれません。
Fitは、可愛くもないし。
とくにVitzは、前モデルに乗っていただけあって現行の個性ゼロのルックスは嫌いです。



試乗車のFIAT500は上級グレードで、ヘッドライトはキセノンでした。
d0087549_23112136.jpg

アルミホイールも標準装備。
d0087549_23114965.jpg

この変わったボディーカラーは、オプション設定だそうで追加料金を払わないと
選べないそうです。
っていうか、白以外は全部”特別色”扱いということで・・・このあたりが、国産車と違って
ちょっと、せこい感じがします。

内装のパネルも、ボディ同色が選べるそうです。
d0087549_23135941.jpg


こんなところにもロゴがあるのです!
d0087549_23141956.jpg


写真にちゃんと写ってないけど、内装は色はチェック柄。
明るい感じがして、オシャレです。




さて
早速試乗ですけど、エンジンをかけるとこれが面白い音がします。
TwinAirのエンジンは、たったの2気筒です。
そんなわけで、結構ガタガタ振動が出てます。
ちょっと、農機具のような・・・高級車とかとは対極の感じです。

ゼロ発進の時なんかは、結構車体がブルブルって揺れます。
それと、微妙にモタ付きます・・・・・。

でも、ひとたび走り出してしまうと!
これが、結構力強いのです。
ぐ~~~~っと車体を引っ張ってくれます。
すぐさまこの車が、900ccで2気筒のエンジンで走っているなんてことは、忘れてしまいます。
1500ccのVitz RSを運転しているくらいの、加速感はあります。

それに、アクセルを踏み込むと結構スポーティなサウンドを奏でながら
ぶぉおおおおお~~~んっと加速してくれるのです。
もちろん、速くはないです。
d0087549_23291895.jpg


でも、楽しい♪

運転席からの眺めも、適度な高さがあって見晴らしがいいし
ガラスも結構大きいので、凄く運転しやすいと思います。室内は広いから
小さい車に乗っている感じがしないと思います。

ミッションは、マニュアルシフト操作ができる機械式ATです。
2ペダルATってやつです。
基本は、MT構造なのでエンジンの力をきちんと伝えてくれているみたいです。
コンパクトカーらしくない、スイスイ加速感は気持ちよかったです。

でも、このミッションの動きあんまり早くないです。
アクセル全開とか、マニュアルでシフトした時の反応にはちょっと追いつけないみたい。

ちょっとへたっぴな人が運転するMTシフトって感じです。
スポーティな動きは苦手みたいです。
特に、シフトダウンはブリッフィングもしてくれないので、自分でアクセルをあおってあげないと
ものすごいシフトショックがやってきます。
でも、そんなのは運転する人が調整すればいいことで、試乗している数十分の間で馴れました。

そうすると、高いエンジン回転キープで結構楽しく走れるんですよ♪

あと、このミッションは渋滞道路での動きは苦手みたいでした。
うす~いアクセルでは、結構ギクシャクしちゃってました。


足回りも結構しっかりしているみたいで、ちょっと早い速度でS字のコーナーを走っても
ロール感がしっかりしてて、フラフラする感じがしませんでした。
VitzやFitだと 「あぁぁっぁぁあ~、気持ち悪いっ」 って感じがするのに、FIAT500は
なんともありません。
足の硬さも固いわけでもないし、特に何も感じなかったです。
(それだけイイのかも?)


FIAT500、もともと気になる車だったせいもあるけどイイなぁ!って思っちゃいました。
振動とか、ミッションの反応の悪さとかあるけど、別にそんなのこの車に求めるポイントじ無いです。

そんなことよりも、この車は見た目がイイです。(・∀・)イイ!!
適度に可愛い。
媚びてる感じがしない、可愛いさがいいと思います。

そして、900ccのTwinAirエンジンは発進時の振動は少し多めなものの
アクセルを踏めば回るし、音もいい音を出してくれます。
試乗中は気にしなかったけど、小排気量のおかげで燃費は21kim/㍑です。

足回りも、国産(と、いってもVitzとFitしか知らないけど)よりしっかり感があって
いいと思います。Vitz/Fitだったら 「サスペンション、交換したいなー」 って思うけど
FIAT500なら、このまま箱根でも行って走り回りたい気分になっちゃいます。


これはイイです。
めっちゃ欲しい。

でも、この車の最大のネックはお値段。

500 TwinAir LOUNGEで、245万円もするのです。
税金だの、なんだのかんだので結局支払額は280万円!!!!

280万あったら、他にもなんかいい車あるんじゃねぇの?とか、考えてしまいます。
このくらいの予算なら、コンパクトカーはもちろんミドルクラスのセダンやら
ミニバンだって買えちゃいます(トヨタWishは、248万だし!)
おんなじようなサイズで、iQ(1300ccだけど)173万。
割高なiQが激安に見えます(笑)。


ちゅーわけで、FIAT500は何かと比較して大きいとか小さいとかで選ぶ車じゃないようです。
惚れた人だけが、買うって感じ。
値段はたまたまその値段だったから、しょーがねーな~っていう感じになるような気がします。
もちろん”安い”って感じる人は、何の躊躇もなく替えるのでしょうけど・・・。


うーん。
 結構欲しい (。・ρ・)

Fiatオフィシャル
:http://www.fiat-auto.co.jp/showroom_500_twinair_price.html
[PR]

by tosiee | 2011-09-25 23:52 | クルマねた | Comments(0)


<< TOTO Japan Tour...      黒糖ドーナッツ棒 >>