Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2012年 04月 27日

SUBARU BRZ (6MT)に試乗

SUBARU BRZ、今度は6MTにも試乗しちゃいました。
おんなじ車に3回も乗るのは、初めてです。 っていうか、バカですね。
d0087549_23144868.jpg
実は、BRZの6MTは、このスデに記事にした、86(MT)の前にのりました。

SUBARU BRZとTOYOTA 86は兄弟車で、サスペンションの仕様が違う以外は走行性に
関する部分は、共通です。
装備やオプションで選択肢は違うけど、乗り味もほとんど変わりません。

ただ、BRZの試乗車は17Inchタイヤ、86の試乗車は16Inch。
やっぱり乗り心地は、16Inchのほうがソフトで路面のうねりも気にならない感じで
17Inchは、ちょっとボヨンボヨン跳ねる感じがありました。
「固い足回り」ともちょっと違う、なんだかこう、突き上げがぼよんぼよんていう感じなんですよね。
当たりが固いのかな?



6速のミッションフィーリングは、思ったほどショートストロークではなく
スポーツFF車にある感じのストロークと、節度感でした。
FRらしいショートストロークで、手首でコンコン入るようなタイプではありませんでした。

スバルの営業さんもこの辺りは認識していて、ストロークは多めだと言っていました。

ブレーキの利きは、ちょっと甘くてペダルのタッチも緩い感じがしました。
ペダルを踏んでも、す~~~って前に出て行ってしまうような感じでした。
試乗に出て1発目の信号で 「あ。 利かないな、コレ。」 って感じてしまいました。
これは、ATの時は気が付きませんでした。


その他は、TOYOTA 86とおんなじです。
こちらの記事を読んでくださいね→TOYOTA 86"ハチロク"に試乗(MT!)

こちらは、展示車!
d0087549_0314769.jpg

さてさて
大注目のBRZ/86に何度も何度も試乗しちゃいましたが、いろいろ考えちゃいます。

久しぶりのスポーツカーだ!と、凄いふれこみだったけど実際に体感した感じでは
刺激的な部分はなく、このテの車好きからすれば物足りないのでは?と、思ってしまいました。

それは、ミッションのフィーリングにFRらしさ(手首で入るショートストローク)がなかったり
回してもパンチが無いエンジン(フラットトルクなので)・・・と、スポーティーな味が薄い気がします。

エンジンはパンチがない分、全域で実用上十分なトルクがあって
乗りやすいと、とらえることもできるかもしれないけど。

素性はとても良くて、チューニング素材としては素晴らしい!とされていますが
チューニングするには、とてもお金がかかります。
そして、そのノウハウを持ってい居るショップを探す必要だってあります。


満喫できるのは、本当に一部の人だけなんじゃないかなぁって思います。


そんなわけで、BRZ/86を買うなら、6MTではなくあえて6ATが良いかな、と思います。
ちょっと見た目がカッコイイ、カジュアルなクーペとして乗るのが一番似合っていると思います。
マニュアルミッションを駆使して、走り回るような車には思えませんでした。
もちろんそれは、ノーマル状態での話で、チューニングをすればまったく異なる側面があるのかもしれませんが・・。

木更津のショップAmuseがチューンした86は筑波2000で、1分6秒をたたき出したそうです。
これは、速いです!!。


それともう一つ。

車の値段が高いってコト。
20代の人に買ってほしいはずの車は、200万で買える価格設定のハズが
何時しか250万後半の値段になり、乗りだし300万円はかかる車になってしまいました。

これから年次改良で、ハイパフォーマンスなグレード(ターボやスーパーチャージャ装備)が
出るかもしれません。
実際TRDはスーパーチャージャの開発をしているそうですし、STiからもターボのうわさもあります。


それとは逆に、超廉価版があってもいいと思います。
装備を省いたチューニングベースで200万切るグレードがありますが、それとは別に
きちんとした装備がついて、200万を切るグレードを用意してもいいと思います。

価格下げるためには、エンジンの排気量ダウンだってアリだと思います。
インプレッサの1600ccエンジンでも、車重さは近いんだからきっと実用耐える走りができると思います。


それにこれから買う人は実車確認後に買うと思います。
カタログスペックだけで購入を決めるような人たちと違って、数値が少しくらい見劣りしても
体感すれば 「イイジャン!」 って思うかもしれません。
そもそも、ほとんどの人はスタイリングで買ってゆくと思います。
パフォーマンスよりも、見た目&価格を重視する人が圧倒的に多いんじゃないかって思います。

加速性能とかは、ATの制御やDBWの制御できっとどうにでも演出することができるでしょう(たぶん・・・・)

それと、購入時の税金がジャマなので免税か減税適用されるような燃費性能があれば良いと思います。

タイヤも16インチ・スチール、ホイールキャップで十分!

マフラーもシングル出し!

なんだったら、廉価版ボディを設定して一部補強を

削除とかもアリなんでは!?



出来るだけコストダウンして、200万切る価格のグレード設定をすれば20代前半の人でも
買うことができるんじゃないかなぁって思います。

もし予算に余裕があれば、そこからマフラー&ホイール&エアロパーツ&サスペンション・・・と
楽しくなっちゃって、深みにはまってゆくのです(笑)。

そうすれば、アフターマーケットも盛り上がったりして!?



個人的には、この車に興味はなくなってしまっていて買うことはマズ無さそうです。
どちらかと言えば、今はTOYOTAアクアのほうが魅力感じます。

でも、この車が沢山売れて他のメーカを刺激し、絶滅している
クーペ車の選択肢が増えることを、ひそかに期待していたりするのでした (・ω・;)
[PR]

by tosiee | 2012-04-27 23:59 | クルマねた | Comments(0)


<< タフだ!      視界悪い >>