Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2012年 09月 28日

Honda CR-Zがマイチェン

ホンダ CR-Zがマイナーチェンジで結構な変更が加えられたそうです!

現行オーナーが泣いてしまいそうな(笑)変更内容は
・リチウムイオンバッテリーの採用によるモーター出力の向上(15kW[20PS]/2,000rpm)
・力強い加速を瞬時に実現できる新開発の「PLUS SPORTシステム」の搭載
・エンジンのi-VTEC化による出力Up :88kW[120PS]




リヤビュー


目玉のLEDが、8連LEDポジションランプになってキラキラ感が増す(?)みたいです。


「PLUS SPORTシステム」はこのボタンで、スイッチオンみたいですよ。


内装はブラック&レッドまたはブラックになるようです。

選択肢が増えたのではなく、白い内装は消滅してこのブラック&レッドのモノだけになるみたいです。
白い内装(グレー?)は、上質な感じがして、すごいなぁ!って思ったのに
無くなってしまうのは、残念です(*´Д`)=з




っていうか、ちょっとイマイチじゃないですか!?

1500ccのi-VTECエンジン、馬力はたったの120Psです(トルクは14Kgf・mあるけど)。
ホンダだったら、1500ccで8000rpmで150Psは超えてほしかったです。

その分をモーターで・・・じゃなくて、ホンダらしい高回転型で十分パワーがあるエンジンに
Hybridシステムがくっついてこそ、ホンダのHybrid Sports!ってコトになるんじゃないの・・って思っちゃいます。
エコ性能をアピールするためには、しょうがないのかもしれないけど残念な気がします。
一応走りという言葉をメーカー自身が掲げているんだから。

出たばかりのときに試乗したけど、CR-Zは意外と運転してて楽しい車でした。
すごいパワーなんてないし、加速も正直カッタルイんだけど、なぜか雰囲気は良くて
「これがきちんと4シーターだったら、悩んじゃうんだけどなぁ。」って思うくらい。

だから、出力をもっともっと上げて「走り」を強化してほしかった。

ひょっとしたら、Hybridユニットなんて取っ払って、1800cc位のi-VTECエンジンを放り込んだほうが
よっぽど速くて楽しい車ができたりして (*'∀艸)

価格は250~260万円くらいするらしいですが、これだったら中古でCIVIC TYPE-Rを
買ったほうが、よっぽど”走り”を愉しめると思います。
もっと上の"スポーツ走行"のレベルまで、イケると思います。

コンパクトがいいんだ!ってなら、VWのPOLO GTi(乗ったことないけど(笑))とかのほうが、
面白いんじゃないか?って思っちゃいます。
FIAT 500 TwinAirなんかもエンジンの鼓動はユニークでこっちもちょっと違った意味で
「走り」を楽しめると思います。

Hybridでスポーツの形をしている! という部分以外、あまり良い部分が無いように思います。
それに固執するあまり、中途半端さが増しているような感じもするし・・・悲しい


Hybrid Systemを取っ払った、CR-Z Absoluteや CR-Z TYPE-S はたまた CR-Z SiRみたいな
グレードを用意してほしいなぁ。
この車に、TYPE-Rは無理な気がするし。
[PR]

by tosiee | 2012-09-28 01:11 | クルマねた | Comments(0)


<< GT5でBRZを走らせよう。      Bon Jovi リッチー・サ... >>