Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2013年 03月 22日

ポルシェ ボクスター(981型) 2.7・6MTに試乗

981型 ボクスターの2.7㍑・6MTに乗る機会があったので、試乗してきました。

前回試乗させてもらった時に「MT乗ってみたい」と営業さんに行っていたのだけど、
覚えてくれていたらしくわざわざ「試乗車がきますよ!」とTELを
くれました。

MT車に乗るなら、クラッチフィーリングと、ミッションのシフトストロークや
節度感は大切ですからね!
d0087549_13354763.jpg




(今回は写真無いです・・・・。)

試乗車は、3.4㍑PDK版を同じ"黄ボディ"でした。
内装と幌は青で、シートは本革。
オプションのPASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)と、
スポーツクロノパッケージ、さらにPCCB(ポルシェ セラミックコンポジットブレーキ)が
装着されていました。

走行距離はなんと12000km
この6MTの試乗車、ディーラー持ちじゃなくてポルシェ・ジャパン所有らしいです。
広報車で、バンバンいろんなところに回されているらしいです。

そして気になったのが本革シート
すでにが目立ちます。
ジーンズとかでも、皮シートって痛むらしいです。
見た目はいいんだけどね・・・・やっぱり、合皮がイイのかもしれません。
一番気兼ねなく使えるのは、ファブリックですけどね。


そして最大の問題点は、なんと左ハンドルです。


乗ったこと無いです、ハンドル。


運転できるのか!?
 と、車を目の前にして思いっきり不安になる il||li(o∀o)il||li~゚

そんなわけで、試乗スタートです。
いきなり結論から言っちゃいますが、正直 「全然楽しめなかった」です。

もう、左ハンドルってだけで死にそうです。
免許取立てに戻った感じ。
ってうか、免許取立てのころってホントこんな風にどこ走ったらいい(゚Д゚〓゚Д゚)!?って
感じだったんだろうな~ 遠い遠い昔の話だ。



それにしても、なんで左ハンドルなんだろ!? 右ハンドル、Lineupにあるんだけど !???



クラッチを踏みます。


重っ


すげぇ重いです。
ストロークや、ミートの位置なんかは特に違和感はありませんでしたが 「強化クラッチ!?」ってなくらい
重たかったです。
こんなのは、慣れの問題だけど。
足が弱ってたら(病み上がりとか、骨折のリハビリ後とか)踏めないんじゃないかなぁ?



出発・・・・っていきなりエンスト!

う~ん。かっこ悪い(笑)。



じつは試乗中5~6回エンストしちゃいました。
普段乗っている車は6MTだし、エンストなんて買ってから1回もしたことないです。
いんや、したこと無いわけじゃないけどそーゆーのは「ギヤ入れっぱなしなのを忘れて、クラッチつないじゃったとか」
操作ミスのときだけで、まじめに「出発!」ってやってエンストしたことはありませんでした。
たまに試乗するMT車でも失敗はしません。


でも、もうボロボロ


こんな風にかっこよく走るイメージでしたが・・・
ブスンブスン言わせてました。


ただ、面白い機能がBoxsterに備わっていることが解っちゃいました。
エンストすると、自動でリカバリしてくれるんです!
エンジンをストールさせてしまっても、ギヤ入れっぱなしでクラッチを切っていると(条件は違うかもしれない)
勝手にセルが起動して、リスタート!!
営業さん初めて見るみたいでした(そりゃ、こんだけエンストする人も珍しいわな。)

「アイドリングストップの機能が関連しているのかも?」といっていたけど、アイドリングストップが働かない
スポーツモード時でも、自動再起動していたような感じだったので、ひょっとしたら
親切機能がついているのかもしれません。


それにしても、あまりにしょっちゅうエンストするからきっと営業マンは
 「MTほしいって言ってるけど、本当に運転出来んのかよ?」
って心の中で思っていたことでしょう (・ω・;)。



シフトレバーの感覚ですが、正直あまりいいと思えませんでした。

ちょっとグニャっとしていると思います。
ストロークが長めに感じたし、そもそも、シフトノブもすごく長いです。
節度感はあるんだけど・・・。
なんだろう・・こう、もっと金属がこすれて「ガシャン!」って入るミッションが好きなのです。
なんとなく、ゴムが挟まっているような感覚を覚えました。
(エンストしまくってて、何を言う!って怒られそうだけど (;^ω^))

MTなので、エンジン回転を好きに調整できるんだけど
余裕が無くて、上まで回せませんでした。
5000rpm位まで頑張って回したけど、パンチは無かったです。
その代りトルクは結構あって、回転の上昇は滑らか。

結構ハイギヤードらしくて、3速50km/hで1800rpm位しか回っていなくて
エコカーみたいな感じです。
それだけ、トルクがあるってことですよね。

2.7㍑でも十分だと思います。



そ~そ~、サウンドもスムーズで気持ちいい音を響かせていました。
他の人が試乗しているところを見たら、排気音は相変わらず
「ガランガラン」いっていたので、ドライバーにおいしいところだけ
聞こえるように、チューニングしているのかもしれません。

さすがポルシェ


試乗中はキープレストが出来なくて、何度も「右に寄り過ぎですよ!」って注意されました。
とにかく車を味わう余裕なんて全然なくて、ものすごく疲れた試乗でした。

左ハンドルじゃなかったらもっと楽しめたかもなぁ 、なんて
ちょっとポルシェ日本法人を恨んだりして。

やっぱりオープンは気持ちいいし、サスペンションやシャシーは街乗りだと
快適だし、エンジンも気持ちよく回って音もよし。
見た目もかっこよくて、やっぱりBoxsterはいいなぁ~って思います。

ん~でも、ミッションのフィーリングがイマイチだったらPDKでイイじゃん
という気がします。
PDKのほうが、スポーツ走行時のタイムは速いのです。

2.7㍑エンジンは必要十分だけど、ホンダのVTECエンジンやSUBARUのボクサーターボのような
高揚感は味わえません。
3.4㍑だと馬力があり過ぎて、今度は「使い切り感」って奴が楽しめません。

こうなると、ボクスター以外のでもいいんじゃないか?って話になっちゃいます。
ATで転がすなら、NISSAN Z34とかBMW Z4やベンツSLK、そして来年にはTOYOTA 86 Convertibleなんて
選択肢もあったりします。
高速域になった時や、ワインディング走行時の気持ちよさは(雑誌なんかを見る限り)
ボクスターがダントツみたいですけどね。



あ~とにかく、もう左ハンドルはこりごり
2度とゴメンです。

ボクスターを体験してきたというより、左ハンドルで地獄を見たって感じでした。
[PR]

by tosiee | 2013-03-22 14:14 | クルマねた | Comments(2)
Commented by くるま好き at 2013-04-24 00:22 x
馬鹿かお前
Commented by ググったらここに来た。 at 2013-10-15 15:03 x
実に個性的な試乗記。
左ハンドルではシフトチェンジもスムーズにできず、それでフィーリングが悪かったのでは?
右ハンドルで再評価して欲しいな。


<< 開花とニュースですが。      国立 大学通りの桜(20日) >>