Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 22日

新しいコペンがでた!

新型 ダイハツ・コペンが2014年6月に発売になったそうです。
見た目はもう、東京モーターショーでお披露目された物・・・・
のように見えます。

アウターパネルが交換式っていうのも、そのまま採用されているそうです。
で、設計図とかもメーカーが積極的に公開して
こういうパーツをどんどん出してもらうような方向に、進めてゆくそうです。

でもさ。

交換できるのはいいんだけど、外した部品どうするの?
しまう場所、ないよね フツー (・ω・;)




あと、お値段は!?ってのも気になります。
エアロパーツって、普通1式10万円なんて軽くオーバーしちゃいます。
コペンの場合、交換できるアウターパネルセットとかだったら
1式いったいいくらになるんでしょう?

交換出来て楽しいでしょう~♪ → でも、楽しめるのはお金持ち限定ね!なんてのは
悲し過ぎます(T□T)。

でも、これって結構気軽に「ワイドボディ化」とかできちゃうのかしら?
そうなると、またもや来年のオートサロンが楽しみですね。

■東京オートサロン2014でのパネル交換デモンストレーション




新型コペンのもう一つの顔、「X Type」もちゃんと出るそうです。
軽でオープンで、クロスオーバー風って
なかなかないと思います。
最初は売れそう(のちに廃盤になりそう。)


で、この顔面なんだけどちょっと先代のCOPENと違い過ぎて
可愛さが0%です。
小さくて、あのカワイイ前後スタイルが良かったのに・・とおもっていたら
なんと、ダイハツは新型COPEN第三弾のスタイルとして、「丸目Ver.」も企画しているそうですよ。


こっちの方が、正常進化のような気がします。
っていうか、これがモーターショーで発表されていたら、スゴイ注目してただろうなぁって思います。
旧型のイメージを残しつつ、現代風でもあるじゃん?

今回発売になった外観って、いかにもトヨタ風っていうか
「目、ほそくしてりゃカッコイイってみんな言うんだろ?LEDも付けたよ~。」っていう感じで
テキトーに見えます。Vitzがそんな風だし。

第1の顔→第3の顔(旧COPEN風)にするには、ライトのユニットまで交換になるみたいだけど
・・・・別パーツで買ったら高いんだろうなぁ。


試乗したいぞ!
っておもったけど、ダイハツの店ってドコにあるんだろう。近所に無いです。
例外的にトヨタ(NETZ)でも売ってほしいな。
■東京オートサロン2014 ダイハツ KOPEN future included


おまけ → オートサロン2014 KOPENのステージ
[PR]

by tosiee | 2014-06-22 14:00 | クルマねた | Comments(0)


<< おおお…      グラス付き!! >>