Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 09日

BMW MINI 5 DOOR に試乗

F型BMW MINIに追加になった、5 Doorに乗ってきました。
d0087549_10551937.jpg
3 Doorから5 Doorに変わったのは、ホントにドアの数だけだったみたいです。
グレードは、COOPERとCOOPER SだけでONEは出ないみたいです。

COOPERとCOOPER Sのみ・・・・・このグレード展開でちょっと考えました。
「ひょっとして、重くなっちゃってて走らないのでは?」




d0087549_10552637.jpg
乗ったのは、COOPERです。
ミッションは、AT。

走り出してみると・・・・。
トルクある!
3Door版と同様に、トルクは十分で車をググッと引っ張ってくれます。
タコメーターをじっと見ながら走っていると、大体~2000rpmでがんがんシフトアップしていきます。
それでも、トルクはバッチリ発生しているみたいで
走りが凄いスムーズなんですよね!

低回転しか回さないので、その分燃費にも貢献していると思います。

試乗中、ちょっとの急で長めの坂があったけどここでも構わず、低回転で
ガンガンシフトアップしてくるんですよね。
でも、カッタルイことなんて全然なくてどんどん登ります。
車体に対して、トルクは有り余っているみたいです。

ちなみに、3気筒エンジンはアイドリングでちょっとガタガタ振動が目立ちました。
d0087549_11092908.jpg
でも、試乗車はまだ走行500km程度のおろしたて。
他店で試乗したCOOPER 3Doorは、おろしたてのころと数か月後の2回乗ったけど
2回目は振動が無くなっていました。
どうも、慣らし運転がこのエンジンには必要みたいです。
営業さん曰く「5000㌔くらいで大分変ってきますね。」とのこと。

そういう意味じゃ、慣らしなんて不要で最初からスムーズに回り国産車のほうが
優れているのかもしれませんね。 - といっても、もともと3気筒だから「素晴らしくスムーズ。」というは、無理かもね。
でも、たまに「エンジンが振動だらけ」ってコメントを見かけるけど
試乗車が「何キロ走行済み」かODDメーターを確認してみてください!
あと、3気筒エンジンはエンジンブレーキが利かないです。
ATのダウンシフトを使っても、ぜーんぜん利きません。
気筒数が少ないと、しょうがないのかな?

床までアクセルをベタ踏みすると、かなり気持ちよく加速してくれます。
流石ターボって感じ!
スポーツカー的な、爆発的で気持ちいい加速というわけではないけど
ぎゅーーーーんと車を引っ張ってくれます。


胴長になったので、走りはどうなのか?
と、思いましたが特に違いは感じられず。でも、ホイールベースが長くなった分
路面の凸凹や、高速走行には有利なはずです。

思ったのは、3 Doorか5 Doorであることはドライバーにはあんまり関係ないと思います。
後ろの席が広いほうがイイとか、
荷物がもうちょっと積みたいという人にとっては
5 Doorがイイと思います。
あと、こっちのがスタイルが好き・・・とかね。

普通は3 Doorを選べばそれでいいと思います。オリジナルの形だしね!


そうそう、それとMINIは運転しててとても楽しいです。
ちょっとしたコーナーでハンドルを切るだけでも、なんだか「んんんんふぅ~ん。」な
気分になるんですよね。

最近乗ってきた(欲しいと思っていた)SUBARU LEVORGやOutback、これは質感高くて
「快適な移動」が出来てドライバーは疲れないだろうけど、それだったら
電車・バス移動でもいいんじゃない?って思います。

せっかく運転するなら、やっぱり運転する楽しみって欲しいですよね。
BMW MINIには、それが沢山詰まっているなと最近は思うのでした。
d0087549_10582917.jpg

[PR]

by tosiee | 2014-11-09 11:25 | クルマねた | Comments(0)


<< ダメだ寒いぃ      医者が『最近ストレスあります?... >>