Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 11日

カタログ値も夢じゃない?

MINIドライビングモードを使うと、エンジン特性などを
任意に変更することが出来ちゃいます。
スイッチは、ATセレクターの下のリングの部分についてます。
これをいじると、SportsやGreenモードに切り替えることができるんですが、まだ慣らし走行中
(2000km走るまでは、4500rpm以下で走行するよう説明書に書いてある)なので、
MID(通常)とGreenモードしか使っていません。
d0087549_22520922.jpg
その、Green モードですが・・・・








切り替えると、センターディスプレイには、こんな表示。
リングも、緑色に点灯します。
d0087549_22494646.jpg

Greenモードにすると一気に”もっさり”します。
こんなにも変わるかと思うくらい、車が重くなった感じがしちゃいます。

それでも、普通に走る分には十分加速してくれるんですけどね。
MIDでも、結構トルクでが~~っと引っ張って行ってくれるので、Greenのときちょっと「む?」となってしまうんです。

このモードのときだけメーターパネルには、効率を示すバーグラフみたいのが
出てきて、自分が効率的な運転をしているのかどうかが解ります。

アクセルをベタ踏みにしたりすると、”アクセル戻せ”というアイコンがでたり
ATをマニュアルシフト側に倒すと、”Dレンジに入れなさい”というアイコンが出ます。

この前観たのは、速度が高いと”減速しなさい”というアイコン。
d0087549_22494227.jpg
アクセルをいっぱい踏んでいたわけじゃないんだけど、高速道路で
Greenにしたら、こんな表示が出ました。80km/h以上で、このモードは無効みたいですね。
アクセル一定で走れるから効率良いんじゃないかと思ったんだけど
ダメみたいです。

80km/h超えると、風の抵抗がキツイのかなぁ?

MIDとGreenモードを切り替えながら走ると、あまりガマンをした感じもなく
15.2km/リットルで走ることが出来ました。
カタログが17km/㍑くらいなので、結構イイ方なのかなぁって思います。
d0087549_22501292.jpg
20~30km走る車が沢山出回っている今の時代、あんまりいい数値じゃないけどね。
でも、ひょっとするとカタログ値も、超えることがあるような気がする。

[PR]

by tosiee | 2015-03-11 23:12 | ダイアリー | Comments(0)


<< 英検バッジ      2014年度第3回 英検 準一... >>