Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2015年 08月 19日

世界遺産 富岡製糸場

富岡製糸場に行ってまいりました。
世界遺産です!

子供のころ、自由研究で蚕を飼育したことがあります。
なので、富岡製糸場は結構興味があったりするのです。

朝一番でも、結構な行列です。流石は、世界遺産!
d0087549_18362346.jpg
ちなみに、駐車場はこちらを利用しました→Google Map.



建物は、こんな風にレンガ造りです。
d0087549_18362365.jpg
d0087549_18362424.jpg
しかし現代のモノとすると、大して大きくないんです。当時はスゴかったらしいんですが・・・。
横浜の赤レンガよりは小さく見えます。

よくわからないので、ガイドツアーに参加しました。
なんと200円。
安い。
参加者は受信機を借りて、ガイドのおじさん(または、おばさん)の声が聞こえます。
d0087549_18362398.jpg
いろいろ解説してもらって、当時としてはいかに凄かったとか当時の女工さんのお話とかを
聴かせてもらえます。

糸紡ぎマシーンのある建物はこんな感じ。
d0087549_18362123.jpg
今じゃ珍しくないけど、トラス構造の屋根は当時としたh画期的だったらしいですよ。
d0087549_18362254.jpg
マシーンは、当時の物はもう置いて無いらしいです。
博物館に展示してあるらしく、個々には有りません。置いてあるのは、操業を停止するときまでにあったモノ。
なんと、日産製なんだそうです。
d0087549_18362182.jpg
最近の物見せられてもねぇ・・・・ありがたみが無いつ~か。

最近の雪で、倒壊してしまった建物も有りました。
d0087549_18362207.jpg
跡形もないですけど (;´▽`A``

奥の建物は耐震補強工事中だとかで、見ることができません。
d0087549_18362208.jpg

座繰り体験させてくれるコーナーもあります。繭を煮込んで、糸を取り出す作業です。
d0087549_18362222.jpg
やりませんでしたけど・・・。
お湯につけて、茶筅みたいので引っ掛けると簡単にほどけてくるみたいでした。

糸を巻いてゆくと、どんどん中から中身(さなぎ)が透けてくるのが、ちょっとグロイ。
ちなみにうちで育てていた蚕は、繭になったものの羽化せずに、死んでしまいました。
まぁ、出てこられても”蛾”だから、全然有りがたくないけど。


ガイドツアーに参加しても、1時間ちょっとで廻れます。
正直言って見どころは無く、つまらんです。
2度目は無いですね・・・。世界遺産は、テーマパークじゃないから
別にリピートしなくていいんだろうけど。

工場(建物)だけにスポットが当たっていて、そこで何をしていたとか
蚕がどんなふうに育ってとかそういう点が、ほとんどわかんないんですよね。
だからつまんない。
特に飼育してたから(そんな奴は、ほとんどいないだろうけど。)、そっちの方に興味がありました。
「当時はスゴかった。」と言われても、なんだか古いだけの建物って感じだし。


スクリーンで上映会みたいのもやってたけど・・・・。

んーーまぁ、 行ってきたよ。 と、いうくらいの場所で
オススメはできないかなぁ~って感じでした。

[PR]

by tosiee | 2015-08-19 19:02 | ダイアリー | Comments(0)


<< 東洋のナイアガラ! - 吹割の滝      プラモデル アクションふなっしー >>