Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2015年 09月 26日

うそまみれだった、VWの排ガス数値

VWのディーゼルエンジンが、実走行では発表されている値より
はるかに多くの汚染物質を出していた・・・ていうこの話。

ちょっと「書類、ごまかしちゃいました~。」って話かと思ったら
実際はもっと組織的。
っていうか悪質。



実験室環境(テスト環境)では、ステアリングを動かさないで
エンジンだけ回して測定する・・という、テスト特有の環境を逆手に取り
車に 「今は、テスト中。」 と認識させるプログラムを組んであったそうなんです。

テストである事を認識すると「ローエミッション」モードになって、テストでいい成績が出るように
エンジンの動きが変わるような仕組みが組み込んであったそうですよ!


もう、超・意図的なつ~か、汚い手を使ってきたわけです。






日本は、ハイブリッドがエコカーの主流だけど欧州では、ディーゼルカーが主流だと聞きます。
複雑な機構をもつハイブリッドよりも、昔ながらのレシプロエンジンだけで、低排出ガスと
低燃費を達成・・・・ん~さすがヨーロッパは極めてるぅ~!なんて思ってたら

全部ウソだった。


酷いですね・・・。

こうなると、日本車の地位がさらに上がるんじゃないかな!?
トヨタ・プリウス、さらに売れまくりか!?
次期モデルは、異様にダサいけど。



日本車でディーゼルといえば、MazdaのSkyActive D(クリーンディーゼル)だけど
こっちは、ウソついて無いよね・・。
これで、Mazdaのディーゼルエンジンの評判が下がっちゃったら
まさに、風評被害って感じになっちゃいますよね。

そういえば、このニュース以来”ゴキゲンワーゲン”なCM、見かけない気がします。
自粛してるのかな?


[PR]

by tosiee | 2015-09-26 22:15 | クルマねた | Comments(0)


<< 平日に大観山      なかなかの燃費。 >>