Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2016年 01月 22日

イヤフォンを【shure se315】買い替え。

SHURE SE315買いました!
d0087549_22071290.jpg
ここ3年は、ultimate ears triple.fi 10 proを使っていました。
でも、だんだんケーブルの部分が硬くなってきて、曲がりが悪くなってきたなぁって
思ってたら断線!




ケーブルの途中部分がこんな風になってしまいました。
d0087549_22071254.jpg
付け根の部分も切れていて、音が途切れてしまいます。
d0087549_22071282.jpg
ultimate ears triple.fi 10 proの前は、SHUREを使っていました(SHURE SE210)。
その前も、E3cを使っていてSHURE派だたりします。
どれも断線して、捨てました(笑)。

今回は、どのくらいのを買おうかなぁと悩んだんだけど結局値段で、SE315にしました。
色はクリアー。
d0087549_22071219.jpg
ケーブルは結構柔らか目で、そんなコシがある感じではありません。
耳の部分は、固いワイヤーが入っているみたいで、耳の形に合わせられます。
それと、イヤフォン部分とケーブルは取り外しが可能で、さらに、その部分はクルクルと回転します。
使ってゆくうちに、接触不良が出ないかちょっと不安になりますけど・・・。

SE315、形がちょっと変です。

箱から出してみて・・・・「どうやって装着するんだ!?」(。・_・?)って感じ。

解らなくて、オフィシャルサイトを観に行ってしまいました。
ちゃんとあるんですね、ガイダンスページ。

イヤホンの正しい装着方法

Youttubeにも、インストラクションが有りますよ(英語)


ultimate ears triple.fi 10 proや、古いSHUREと違っていて耳の穴に、イヤフォンの先を
挿入するというより、イヤフォンのボディを耳の中に”はめ込む”って感じの装着方法です。
だから、耳にぴったりフィット。
ちょっと奥に入れるのは、怖い感じもするけど・・・・(・ω・;)
SE315に変えてみて感じるのは、高音が聞こえるような気がします。
ハイハットの音とかが、よく聞こえます。
耳の奥まで突っ込む感じだから、それだけ音が近くに聞こえるようになっているのかもしれません。

SHUREは、音質がフラットでくせのない性質を持っているそうです。
”モニターイヤフォン”を作っているので 「×××ジャンル向け。」みたいな
味付けは、無いらしいです。

イヤフォンで音が変わってしまうのは反対派で、スピーカーとか音の出口は
再生機の音をそのまま出してくれればいいと思っています。
SHUREはそういう特性を目指しているらしいので、自分の好みに合っていると思います。


正直、ultimate ears triple.fi 10 proとSE315の音の差は、解んないんですけどね σ(^_^;)




で、triple.fi 10 proなんですがすごく大切なことを忘れていました。
これ、ケーブルが外せるヤツなんですよ!
d0087549_22071211.jpg
ケーブルが切れても、そこだけ交換すればまだ使えるのです。
Re Cableなんて言ったりするそうですが・・・・。

つまり、SE315買わなくても良かったんです(笑)。
まぁ、新しいイヤフォンはわくわくワクo(´∇`*o)(o*´∇`)oワク したけど!

ケーブルは、5000円位出せば買えそうなので、 triple.fi 10 proは安物ケーブルに交換して、
ギター練習用に使おうかと思います。
イヤフォンでちゃんと音を聞けば、ピッキングの練習にもなるしね!

[PR]

by tosiee | 2016-01-22 08:30 | ダイアリー | Comments(0)


<< 守谷。      Tokyo Autosalon... >>