Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2016年 05月 09日

BMW MINIコンバーチブル(F57)に試乗

憧れの(笑)、BMW MINI Convertible(F57)に試乗することが出来ました。

他のモデルと違って、どこのディーラーでも配備されているような車では無くて
試乗が出来たディーラーでも”bmw MINI Japanからの借り物”と言っていました。


写真はResponseサイトの物です。外観は、全く同じでした。でもナンバーは【成田】でしたよ。
成田ナンバーなら、BMW MINI JAPANが所有しているものかもしれませんね。

グレードは、Cooper(1500cc/3気筒ターボ)ということで、自分が持っているものと同じ排気量です。
つまり、単純に「Cooperの屋根を切ったら、どうなるの?」って比較ができます。




横から見ても、ほんと屋根切っただけって感じで、3ドアと何も違いがありません。
でも、ちょっとエレガントになったように見えなくもないです。



オプションのレザー・シートが装着されているから、そう見えるのかもしれませんね。
うちのMINIもCABANAの本革シートカバーが着いていますが、やっぱり本物(純正)のレザーシートは
張りが違います。
ファブリックのシートに革のカバーじゃ、この質感は出せないんですね。

ただ、ちょっと悲しいのが汚れが気になるってことです。
ファブリックに比べて汚れは目立つと思いますが、さらにConvertibleということで
普通の車より汚れが付きやすい環境です。
なので、試乗車はすでに汚れがあちこちにあって「ん~、お手入れ大変そう・・・。」って感じがしました。
でも、ルックスはサイコ~(*゚ー゚)v

試乗車は”MINI Yours”オプションがてんこ盛りだったみたいで、このResponseの記事のように
ソフトトップには、ユニオンジャックが着いていました。


個人的には、車に国旗を貼るのが嫌いなので、これはナシかな。

ステアリングもオプションのおかげで変わってました。
このマルチファンクション付のステアリングは、標準よりちょっと太めで
ガッチリしていて、革の肌触りもとてもよかったです。



うちのCooperにもつけたくなっちゃう位!

装着オプションは、たぶんデビューパッケージ(60.4万円)が着いていたんじゃないかと思います。

MINI Convertibleは4人のりなんですけど、後ろの席はすごく狭いです。



3ドアでも、後ろの席はそこそこ座れるんですがConvertibleの場合は、背中の部分が
ほとんど垂直で、すごく座りづらいです。
やっぱり、幌を格納するスペースを確保する都合でこんな風になってしまったのかも。
4席っていうよりは、 2+2 って考えたほうが良さそうです。
ミッションは、ATのみです。
本国では6MT有りますが、日本にやってくるのは6ATのみになってます。なぜ入れない!?

走り出して思うのは、やっぱりちょっと重いかな・・って感じです。
Cooperだと、ちょっとアクセル踏んだだけです~~~っと走り出すんだけど
ConvertibleのCooperは、ちょっとムムムって勢いが有りません。
やっぱり重量増が、影響しちゃってるのかもしれません。

諸元表での重さは、1320kgです。
3ドアCooperは、1200kgと100kg以上も重いのです。
5ドアCooperでも1260kg。5ドアのクーパーは重さを感じませんでしたが
Convertibleは、明らかに重いです。
”ゴーカートな”雰囲気で走る感じでは、なさそうです。
 もちろん、Cooper Sは JCWにすればそんな重量増なんてものともせずガンガン走るでしょうけどね・・。


それでも、その辺走っているコンパクトカーなんかより出足はずっと速いです。
そもそも、1500ccの Cooperですら、0KM発進や80km位からの中間加速は、十分力強いのです。

でもどちらかと言えばこの車はせっかく屋根も開くことだし、ATでゆったりと走りを楽しむタイプの車なのかもしれません。
あんまり、アクセル踏んで走ってやろうって気にはなりませんでした。

3ドア同様がっちりしたボディ剛性感があって、屋根が無くってもしっかりとした包まれ感がありました。
ドアの閉まる音も、ばふ~んと高級感満点です。



ちょっとお値段高いし、3/5ドアと比べての使い勝手はたぶん悪いです。
でも、そんな事気にせず、オープンエアーとこの超・個性的(Only One!)なルックスと雰囲気を
味わいたいなぁ~っていう感じの車でした。

特に写真のカリビアン・アクア・メタリックは、とっても綺麗でちょぉおおおおステキでしたよ。
全国ディーラーでもなかなか配備が無いと思いますが、ぜひ探して観に行ってほしいです。


[PR]

by tosiee | 2016-05-09 22:05 | クルマねた | Comments(0)


<< ホットバージョン Vol.13...      Studie AGの義捐金に協力。 >>