Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2016年 06月 09日

BMW MINIクリーンディーゼルに試乗

最近BMW MINIシリーズに追加になった、クリーンディーゼルの中から
Cooperの5ドアとCooper Sの3ドアに試乗してきました。

プロモーションも結構たくさんやっていて、今のところ一押しのようです。




試乗できたのは、この2つ

・MINI Cooper 5ドア AT
・MINI Cooper S 3ドア AT

ちなみに
自分は、MINI COOPER.の3ドアオーナーです。

5ドアと3ドアでフィーリングはそんなに変わらないと思います。
実際自分が買うときも、5ドアだけ試乗して「5ドアでこれだけ走るなら、小さい3ドアはもっと軽いだろう。」ということで決めました。
(契約ギリギリで、3ドアにも試乗したけど。)

CooperとCooper Sでは、排気量/気筒数も違うので全く違うフィーリングです。
当然のように、4気筒を積むCooper Sは、3気筒のCooperよりも回転が滑らかで、アイドリングストップの
Start/Stopのショックも全然違います。

ディーゼル車といえば、エンジンがガラガラ言ったり黒い煙がもくもく出るんじゃね~の?とか、思ったりしますが。
実際はどうなんでしょう?

ガラガラ音は、ハッキリ言ってします。
ガソリンエンジンとは、明らかに違います。

あぁ、ディーゼルだなlって感じです。

でも、運転席に座ってしまうとその振動は、まったく室内に入って来ません。
上手く振動や音を消しているようで、ドライバーや乗っている人は”これ、ディーゼル?”って感じになると思います。

排気ガスも、黒い煙なんて一切出ていませんでした。
匂いもほとんどなく、アイドリングで長時間停止しておいて、そこで匂いをかがない限りは
解らないと思います。ちょっぴり、甘いにおいみたいのがしました。

走った感じも、ガソリンとほとんど変わらず。
でも、アクセルを踏み込む一番最初のところだけちょっぴりトルクが太いような気がしました。

ただし、アクセルをぐ~~~~~っと踏んだ時のフィーリング・・・・なめらかに、吹け上がるんですが
ガソリンエンジンのような、盛り上がりにがありません。
よく解らないですが、なんとなくエンジンの回転フィーリングが違うのです。
なにか、つまらない感じ。
振動や、音は巧く消してあって、それはガソリン車と同等だと思うのですが、何でしょうね?
何かが違う気がして、そしてガソリンエンジンよりつまらない感じがしました。


この感覚は、4気筒のCooper Sでも一緒でした。
こちらも、外で聞こえる振動やノイズはCooperと同じで、運転席に乗ってしまえば
みんな聞こえなくなります。
Cooper Sらしい、元気モリモリの走行フィーリングが味わえるんですがん~何かがガソリンと違う。

不思議とつまらなかったです。

走ってる感が欲しい場合は、やっぱりガソリンエンジンのほうがいいのかなぁって思いました。
逆に特にそういう点には興味が無くて、ただ”クリーンディーゼルに乗りたい”と言う場合は、気にせず
ディーゼルモデルを選べばよいかなと、思いました。

普通に載る分には、ディーセルVSガソリンと言う面は、あんまり解りませんでした。

でも、やっぱり流行ってるし売れるのかなぁ?

[PR]

by tosiee | 2016-06-09 21:25 | ダイアリー | Comments(0)


<< 早速壊れた、シガープラグ      初めての台湾。Part.2 >>