Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 23日

Vitz RS インプレ Chapter 2

NCP91のエンジンは、1NZ-FE型で排気量は1.5㍑です。
d0087549_0185060.jpg
VVT-i機構が内蔵されていて、出力は110psです。普通に乗る分には十分!






思いのほかびゅんびゅん加速します。
決して余裕のある走りでは無いのですが、シフトを操作しながら走ると案外楽しいのです。

エンジンからの音、マフラーからの音は共に非常に静かでその存在は
影武者状態で、むしろ物足りなさを感じるほどです。

最近は、排気音の規制がかなり厳しいらしくかなり音が抑えられているそうです。
その影響が、社外マフラーにも出ているそうで、アフターマーケットのマフラーもどれも、
音量をかなり抑えたものになっているようです。

ちょっと中速域からの再加速、みたいなシチュエーションは苦手みたいで、
中々加速してくれません。
坂道も一旦減速してしまうと、かなり苦しいことに成ります。

思わず
「がんばれ!」\(~o~)/

と声を掛けたくなる位です(T.T)。

ちなみにエンジンのレッドゾーンは6500rpmからです。
ホンダのi-VTECエンジンと比べると恐ろしく低回転型になります。
K20Aなら、6000rpmからVTECがハイカムに切替り8600rpmまで回りますから。

回転はフィーリングは、ざらついた感じでそんなに延びません。
このエンジンは、3000~4000rpmを限度に使うのが良いのかもしれません。

アクセルベタふみでも、チョイふみでも殆ど吹け上がりが変らないのが不思議。
加速しないように、制御が入っているんでしょうか?

■ミッション
僕のVitzは5速マニュアルです。
d0087549_019511.jpg

試乗車は、CVTしかなく納車するまでマニュアルは見たことも無かったので、ある意味賭けでした・・・。スイスポはマニュアル車が有ったのになぁ!
シフトはとても入れやすいです。

走り始めの冷間時に、渋くて入らないという事は無いみたいです。
ただしフィーリングは、・・・ゴムっぽいって感触ってカンジ?。
「ぐにゃぁ」ってした感じで、ちょっぴり悲しいです。

まぁ一番悲しいのはシフトブーツがショベルカーに付いていそうな
ヘンテコなのゴム製って事でしょうか?
確か、GC型インプレッサとかもこんなのでしたよね?
それと、シフトが生えている位置がちょっと低めでシフトがやり難いです。
コレは、体格のせいもあるかもしれないけど。

元気良く走らせるには、しゃきしゃきしたミッションの操作性が大切だと
思うのだけど、この部分はチョッピリ残念ですね。

と、言ったところで今回はココまで~♪

[PR]

by tosiee | 2006-10-23 00:21 | クルマねた | Comments(2)
Commented by toyo-zou at 2006-10-25 01:01 x
前回のインプレといい、今回のインプレもズバリですねー。
Hondaのエンジンに比べると中回転を重視してますね。
ワインディングで3速7000rpmで4速入れる時にクラッチ滑りますし。

実際には5000rpm前後でのシフトチェンジでの扱いが一番美味しい所を使えるんじゃなあいかなーって思いますねぇ。
ちなみに高速だと4速で160km前後からシフトアップすると
メーターは簡単に振り切りますよ。
そのスピード域でも車体にブレが無いんでシャーシ剛性は
コンパクトの中じゃ相当高いクルマなんじゃないかなーと思います。

シフトフィールは・・・クイックシフトをお互いに入れましょうよ(笑)
またインプレを期待してますね。
Commented by tosiee at 2006-10-26 00:44
toyo-zouさん
 あははっ。ズバリですか~。なんか照れます(*^o^*)

3速7000rpm!?うちのRSは6500rpmまでしか回りませんよ。
ひょっとして、TRDはRev.Limitが上なんですかロ-ロ^

TRDクイックシフトは、余り変化が無いそうですよ・・それに折角変えたブーツが勿体無い事に成っちゃいますし(T.T)。


<< タブレット (^○^)      ああぁっ! >>