Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 27日

Vitzタイヤ交換 S.drive

2回の筑波走行でスッカリボロボロになってしまった、純正タイヤ。

なんだか白いモノ(ワイヤー?)まで見えていてサスガに危険な状態な様だったので、
交換する事にしました。
d0087549_22444953.jpg




今回選んだのはDNA S.drive
DNA S.drive -クリックでYokohama Tireへ
お金が無いので、フロント2本のみの交換です(・_・、)

ショップの人も「こんな削れたタイヤは久しぶりに見た」と言うくらいの見事な削れっぷりだったようです。
さらに、、内側にも痛みが進行していたそうです。

下手したらバーストして大事故になっていたかも!

ホントは、NEOVAを履きたかったのに純正サイズは販売されていませんでした。ざ~んねん。

17インチ以上にすると、選択肢も広がるんだけど・・・。
Vitzは17 inchが(海外のサイトでは19 inchの例も!)履けるので、アルミ選びの楽しみは取っておこうと思います。
リム幅も広がれば、コーナリングも楽になる筈!

TC1000は右回りなので、基本的に左前はキツイです- 走り方にも原因は在ると思うケド・・。
にしても、削れ過ぎ!納車されて3ヶ月 ですよ、まだ!。

ちゃんとブレーキを残して、4輪を使うことを意識して曲がればこんな事に成らないんだろうけど、そうなると純正タイヤでは、1コーナーの突っ込みが遅くなってしまうと思います。
結局グリップではなく、スライド(ドリフトじゃなく)走りだったのカモ。

そしてタイヤはボロボロに。

リヤ・タイヤも、ブロックが斜めに削られていました。
タイヤのグレード・アップは必須かも。

それに何より、ローダウンしてあげないとルックスも走りも全然シマりませんよね。
タイヤの異様な減りも、ノーマルの柔らかい足も無関係ではないと思います。
ドライバーにとっても姿勢変化が激しすぎて苦しいし、タイヤに加重を残す操作も
ノーマルの柔らかい足では、ダメかな?とも思います。

次のモデファイポイントは、です!

S.driveでサーキットを走りたいキモチもありますが、きっと純正と同じように
ボロボロに成ってしまうだろうから、足を入れるまでは自粛です。

さて今度は車高調選びだぁ~(ってもう欲しいものは決まってるけど)

[PR]

by tosiee | 2006-12-27 22:46 | クルマねた | Comments(0)


<< 暖かかったり 寒かったり      台風一過か? >>