Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2008年 07月 09日

BestMotoring 2008年8月号

ベストモータリング2008年8月号が発売中です。

というわけで、感想文(笑)いってみよッ!




今月の特集はこんな感じです。

■ 筑波DOUBLEカッ跳び BATTLES!
 PART1 カッ跳びコンパクトBATTLE
 PART2 スーパーセダンBATTLE

■ R35 GT-R 2008後期モデル ドイツ激走インプレッション!



■ 筑波DOUBLEカッ跳び BATTLES!
※ PART1 カッ跳びコンパクトBATTLE

最近流行のコンパクトカー。
こいつらをチューンした車が、最近ちらほら登場しているようです。
お手軽チューンの代表、ボルトオンの加給機!
 【1馬力=1万円】位で手に入る、お手軽チューンです。

エントリーカーたちは

 - 三菱コルトバージョンRスペシャル
 - ヴイッツモデリスタ
 - HKSフィット
 - モンスタースイフト

っていうか、Vitz登場じゃん!!!
TRDからVitzのターボが出ると聞いたときは、ショックだったなぁあああ・・・(○口○*)

加給器で武装しているエントリーカーたちだけど、プロの手でもTC2000のラップタイムは
せいぜい1分14秒程度。

おせぇ。
コルトバージョンRスペシャルは、ドリキン曰く
「Rの名に恥じない走り」ということでなかなかイイ走りを見せていました。

フィットとスイフトは、コーナリングのスイフト、パワーのフィットといった感じでなかなかのバトルを見せてくれていましたよ。

サイアクなのが、TRD Vitz

情けない
LSD未装着でトラクションが掛からないらしく・・・・
スタートでフライングしてトップにたつも、1ヘアで速攻順位転落。

ラップタイムも遅いし 「何やってんの!?」 って感じです。
タイヤもコンフォート指向だったらしいんだけど、そんなんでどうする!




 「LSDなんて標準だろ、ボケェ~~~!!」





と 元・オーナーとしては非常に残念な結果でした。

ちなみに自分のVitz RSには純正LSD(31500円)つけてました。
TC1000でもタイヤ空転してた気がするし、装着しても効果は
無いみたいですけど(^-^


※ PART2 スーパーセダンBATTLE
セダン特集・・・・。
あんまし興味の無いジャンルです。

1.NEWS1 C250 vs. C 63 AMG

C250アバンギャルド、ウチのアパートの大家さんの愛車です。
ほぼ毎朝見てるんで、全く関係ないけど身近な車です(笑)。

・・・ん~しかし、個人的には超・興味対象外!!
インプレ担当、荒センシュは楽しそうでした。

2.NEWS2 M3 Sedan vs.Coupe

 メルセデスの特集の後は、BMW特集です。
なぜかステージは筑波2000.
そして、これまた何故か 「フル乗車 ドリフトチェック」 です。

「4人乗ってると、重いな~」とか言いつつ、
ドリキン 見事なドリフト


同乗の荒/井出/影山センシュは大はしゃぎです  .ヽ(≧▽≦)ノ



セダンとクーペじゃ、やっぱりクーペのほうが姿勢が安定している感じでした。
居住性は、断然セダン。

 「ドリフト中も、体を支えられるね!」

って、意味不明の企画でした。


3.NEWS3 クラウンハイブリッド

ハッチャンのレポ。記憶に残ってない位、なーんの興味も沸かず。

・・んと、燃費が良くなったそうです! \(・∀・)/


4.スーパーセダンBATTLE

最後はTC2000でのバトル!

エントリー
 日産スカイライン350GT
 レクサスIS F
 BMW M3 SEDAN
 C 63 AMG

IS-F、アクセル・オンでかなりフラフラするらしく危ないみたいです。
スカイラインは、バトルに参加していることになってませんでした。
やっぱ遅いね・・・っていうか、ほかのエントリーカーが
特殊なタイプだからしょうがないのかもしれないけど。



■ R35 GT-R 2008後期モデル ドイツ激走インプレッション!

今月もやっぱり、R35GT-Rが登場しちゃうんです・・・

早くも2008年後期モデルが発売になるらしいのだけど、そのモデルを
ニュル&アウトバーンで試乗です。

担当はキンちゃん(木下隆之センシュ) - なんでキンチャンなの(・_・?)

1.アウトバーンで300km/hを試す

日本では湾岸以外では不可能な(謎)、300km/hでの走行です。

「GT-Rは300km/hで走っても、会話が出来る!」というフレコミに沿った企画なんだけど
サスガに300km/hてのは、危険みたいですσ(^◇^;)

トラックや、普通の車も走っているわけで速度差は100km/h以上あるでしょう。
実際、250km/h~で走っている最中に何度も前に入られたりしていました。



恐ろしい。 ( ̄□ ̄;)



それでも、ブレーキが安定しているとかできっちり止まるそうです。
荒れた路面でも、安心だとか・・。

ボディそのものの、エアロ・ダイナミクスも良好らしくて 
速度を上げるとビタっと安定する感じなんだって!


2.ニュルブルクリンク試走

 何故かゴールまで収録されていませんでした・・・。
いつものようにキンちゃん節全開で、喋りながらのアタックですが
ちょっといつもより詩人っぽい・・・っていうか、キモチワルイ(笑)

GT-Rの世界に酔っているという感じでしたよ。
わかる人には解る、車との対話の世界がGT-Rにはあるのかも!?

3.木下隆之&水野CVEトーク

水野CVEのお話・・・なんかこの人の話て聞けば聞くほど キライになります(笑)
商売人の匂いっていうかさ・・。

胡散臭い(-。-)

4.ランフラットエア無しチェック

完全に空気を抜いても走れるのかっていうのを検証していました。
ホントに走ってましたよ~

リムからバックリタイヤがもげちゃいそうな状態になりながらも、
普通に走っていました。
ただ 「普通すぎて危ない。」 みたいです。
インパネの警告等を見逃したら、普通に走っちゃいそうなくらい
見事に普通みたいですよ~。

日本で走っている分は、JAF呼べばいいからランフラットなんて
要らないよねぇ。
保険会社のロードサービスも有るし。


ってなわけで、今回もながーいベスモ感想文でしたっ m(__)m
[PR]

by tosiee | 2008-07-09 21:41 | クルマねた | Comments(0)


<< Hotversion Vol.93      モンスターペアレント >>