Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 13日

Z34の試乗をしました!

Z34の試乗に行ってきました。

試乗車は中々見つからなくて、しかもお目当てのVersion S、つまりマニュアル車は
なっかなか置いてないんです。

そんななか、日産のWebサイトで探したら あった!

グレードはVersion ST、6速ミッションです。
d0087549_23153792.jpg
以前、屋内での展示車を見ましたが、太陽の下で見るとこれまた違った印象。
これは、タイタニウムグレーという色で、たぶんチタンをイメージした色でしょうか?

凄いお尻です(笑)
d0087549_23181312.jpg





やっぱりデザインの特徴はこの、目玉ですかね。
d0087549_2318458.jpg
ちょっと"トヨタ ラ○ティス"風であるけど、新型Zのアイデンティティですよね。

「試乗したいんですけど・・・。」と告げると、「いいですよ!」と営業さん。
もう、380%冷やかしであることは明らかなのに!
さらにこの営業さん「写真撮っていいですか?」って聞くと

「いいですよ、あっ、明るいところに移動しましょう!」

ってわざわざ撮影しやすいように、準備もしてくれました。感謝感謝です。

そんなわけで一杯写真撮らせてもらいましたσ(^◇^;)

Version STなので、19インチのホイールがついていました。これまたアグレッシヴなデザイン!
d0087549_23231542.jpg


内装はオレンジ内装になっていました。トリムもオレンジで質感高いです。
d0087549_23254944.jpg
ドアノブはアルミっぽくなっていて、Z33と同じ感じでした。

運転席から振り返ると、スグ後ろはラゲッジです。
d0087549_23272849.jpg

3ドアハッチバック(?)だけど、ラゲッジとキャビンに仕切り板は無くて、ラゲッジの物が
すっ飛んでくる危険性は0%では無いみたい。

エンジンは、ボタンでスタートします。d0087549_2328544.jpg
これはスカイラインとか、最近の車に多いタイプですよね。
押すだけで、エンジンが掛かるまで回してくれる賢いシステムです。
キーも、ポケットに入れておくだけでカギの開け閉めや、エンジンのON/OFFが出来る
スマートキーです。スマートに乗りこなすには、こういった装備は大切ですよね!ていうか、Vitzもこの装備ついていたし、最近のトレンドというよりスタンダード?

さてさて。
試乗スタートです。

-”個人的な見解”ですので気分を悪くしたらゴメンナサイ!m(__)m

乗り込んで気づくのは、着座位置が高いということです。
スポーツカーというより、セダン風ですね。
これは展示車でも確認できることだけど、走り出してみてやっぱり高いなぁという気がします。
ホールドは、スポーツという割にはあまり良くなくて”くつろいで座る”と言った印象でした。

サスもこの手の車からすれば、ソフトです。
でも、高級車が好きな人には「固すぎる」って言うかも。

お次は、ミッションのフィーリング。
d0087549_23351779.jpg
Z33も試乗したことがあったのですか、そのときは凄いショートストロークで、FRってスゴイ!って感動した記憶があります。
でも、Z34の6MTは、Z33よりもロングストロークのように感じました。フィーリングも、カチッとした感じがあまり無くZ33より悪い気がしました。
っても試乗車は走行220km程度の超・新車。

だから、かも知れませんね。

シフトの位置だけど、シートが高いせいもあって少し遠く感じました
手を伸ばさなくても操作が出来る・・・・くらいを期待してしまうけど、
そうでは無かったです。

シンクロレブコントロールですが、これは面白かったです!
シフトダウン時に、エンジンの回転を勝手に合わせてくれる機能でドライバーはシフトダウン
だけすれば、ヒール&トゥーの操作は不要になるんです。

4速で走っているときに、2速にゲートを入れようとすると「ぐぉん!」ってなって、
レバーがゲートにスッと入ってゆきます。

ちょっとイジワルして、クラッチを切りっぱなしで放置すると、エンジンの回転は速度にあったところでホールドされて、待機してくれます。
つーわけで、絶対ギクシャクしないつくりのようです。

更にイジワルで、3速→1速をやってみましたがきちんと制御してくれました。
さすがに1速は入りずらくて、2秒くらいレバーをゲートに押し付けたまま待つ
必要があったけど「1速は禁止!」なんてことは無いみたいです。

エンジンは、低速からすんごいトルクです。
5000rpmくらいまでは、サスガは3.7リットル!と思わされます。
でも、それ以降はガサガサしてて、あまりイイカンジはしませんでした。
これも、慣らしが進むと良いエンジンになるのかな?

サウンドは乗っているとあまりわからないけど、外で聞くといい音♪してましたよ~。
エンジンがスタートするときのふぉん!って音、良かったです(^-^)

ちょっと気になったのがロードノイズ。
ラゲッジと繋がってるせいか、ホイルハウスの中の音が
ガンガン室内にはいってくるんです。ちょっと五月蠅いなぁって感じました。
日産の車って、昔からこんな感じがするんだけど・・・。

走った感じは、こんな感じでした。
全体的な印象はあまり、スポーツという感じはしなくて
オートマでゆったり乗る車なんだろうなってイメージでした。
その理由は
 
”着座位置が高く感じた” 
”シフトストロークが長く感じた” 
”エンジンの回転が荒く感じた”
という点です。

逆にいいなっって思うのは
偉そうなデザインで自慢できそう
質感の高い内装
でっかいエンジン
400万円程度で手に入る。安い!


内装はホント綺麗に作ってあると思います。
d0087549_23523612.jpg
絶対お値段以上の価値はあるって感じです。

今は注目の的だから、買うなら絶対今です!
営業さんの話では、2週間程度で納車されるそうですよ!
最近ニュース等々では「減産」がよく報じられているけど、Z34に関しては今のところ影響ないとか!
だけど、何時生産が縮小されるかはわからないそうです。


とにかくZ34、実際に乗ってみるコトをお薦め♪します。
 乗る人によって、印象は全く変わってくると思うから。
[PR]

by tosiee | 2008-12-13 23:57 | クルマねた | Comments(0)


<< MAZDA ROADSTERが...      サイズが無いんです・・・・。 >>