Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 15日

新型 インサイト

新型 インサイトに試乗してきました。
d0087549_019588.jpg
2月5日からのデビューで、ディーラーは沢山の来客があるようで
フェアとかのイベントがある時期並みの来店数らしいですよ。



実際にインサイトを見た印象は
写真で見るよりカッコイイ(・∀・)!!

写真で見ると、車高がもうちょっと高いのかなと思っていたのだけど
実車は、ぐっと低く構えたようなスタイリングをしていました。
顔は最近のオデッセイやFCXクラリティ、アコード系です。
最初はブサイクだなぁって思ったけど、スッカリ慣れて(笑)特に違和感は
感じなくなりました。

インサイトのベースとなっているフレームは、フィットらしいです。
新型のフィットは乗ったことが無いけど、ドアを開閉したときの「バムっ」って音は、
シッカリ感があって高級な感じです。

運転席は広々。
d0087549_0204443.jpg
サイドシルも殆ど無いので、スッと乗り込むことが出来ます。
でも、後ろの席はちょっと狭いかな?
ちゃんと深く腰掛けてあげないと、頭が天上に当たりそうです。

運転席は、メーター類が2段重ねになっているCIVICみたいなデザインです。
スピードメータが上、タコメーター類が下側に配置されています。
d0087549_0202581.jpg


スピードメーターは”エコアシスト表示”機能がついていて、燃費のいい運転をしていると
背景の色が、ブルーやグリーンに変化します。

このメーター、不思議な奥行き間があってカッコイイです。

ダッシュボードの一番上にメーターがあるので、比較的見やすいです。
でも、デジタル表示はちょっと好きじゃないけど・・・`s(・'・;)

下段は、タコメーターにモーターのアシストや燃料計、小さい(携帯のディスプレイ位のサイズ?)
マルチインフォ・ディスプレイがついています。
ディスプレイには、バッテリーの充電状態とかアレコレ出ます。


と、いうわけで早速試乗。
エンジン・スタート!!!!


「これ。エンジン掛かってます?」



って位静かです。1.3㍑だからかな?
ギヤを『D』に入れて、路上に出たら早速 アクセルベタ踏み!! です。

Hybridってどんな加速するんだ!?
と、結構な期待をしていたのですが・・・・・普通の1.3㍑でした。
特にすごい加速をするってワケじゃないみたいです σ(^◇^;)
モーターのアシストは、パワーじゃなくて燃費に振っているんですね。

エンジンは6000rpmまで回るのだけど、アクセル踏み続けると6000rpmで
回転が止まったままで、スピードだけ延びます。
う~んやっぱりCVTの加速感ってやっぱり違和感ある・・・・。
違和感があるのはそういった特殊なときだけで、普段乗りでは
本当に普通です。


信号で止まると、エンジンが止まります。
止まる直前(2~3km/h位の速度)で、ひっそりとエンジンがストップ。
で、ブレーキから足を離すとエンジンが勝手にスタートします。
だから止まっている時は、異様なまでに静か。

無音状態です。

エンジンが止まっているのだから、当たり前なんだけど・・・σ(^◇^;)。
ブレーキから足を離すタイミングで、エンジンがスタートするので
発進でモタつくようなことは、無いみたいでした。


走行中のマルチディスプレイや、スピードメーターには走行状況を表示してくれていました。

といっても、そんなところを凝視しているとオカマを掘っちゃうので(笑)チラ見程度 (/ω・\)
平均燃費、航続距離やバッテリーの充電状態なんかが表示されているのが確認出来ました。

スピードメーターの”エコアシスト”はぼんやり視界に入ってくるので、エコ運転具合が判ります。
アクセルベタ踏みしない限りは、低燃費走行になっているみたいでした。
d0087549_0262853.jpg



足回りは特に固くてガツンガツンって分けでもなく、
柔らかくてフラフラって分けでもなく、とっても普通です。


なんだか”普通”って言葉がいっぱい出てきちゃいましたね。




そう、普通なんです。





特別な車に乗っている気がしないんです。
ハイブリッドカーなのに。
でも、ひょっとしたらそれが目指したところなのかもしれませんね。
値段も189万~ということで、特別沢山のお金を用意する必要なんてありません。
それで居て燃費は30km/㍑なんだから、これはお値打ちですよね。


ディーラーでお茶飲んでると、本当にお客さんが沢山やってきました。
やっぱりプリウスに乗っている人が、偵察のようにやってくるそうです。
中には、インサイトの粗探しをして文句を言って去ってゆく方もいるとか。

そういうハズカシイ行為は、止めましょう!

ライバル視するのはメーカー同士だけでいいですよね。
トヨタは、今回のインサイトの販売に対抗するため春に新型プリウスを出した後も
現行のプリウスを継続販売するという荒業に出るようです。
しかも値段は、200万程度に抑えて・・・・・。

次は噂されていた『CR-Z』を市場に出す可能性があるとのことです。
d0087549_8384657.jpg

予定は2010年。

コッチは、もっと加速性を重視したスポーティーな味付けにしたシステムを
乗せて欲しいな。

そしたら・・・・とりあえず欲しいよ!
[PR]

by tosiee | 2009-02-15 00:27 | クルマねた | Comments(0)


<< HONDA INSIGHT対談      NEOVA AD08買えたよぉ... >>