Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2009年 04月 07日

BestMotoring 2009年5月号

ベスモ5月号が出てますよ~!
今月もHi-Vision
d0087549_2212745.jpg




今月のトピックはこんなもん

① 究極R、筑波襲来!GT-R spec V 緊急試乗!
② 同門対決3本勝負!! 最新スポーツ BESTセレクション!
③ 荒 聖治のサスペンション検定! 第3回スーパーコンパクト特集



究極R、筑波襲来!GT-R spec V 緊急試乗!

最近追加された、GT-R Spec Vの特集です。
お値段なんと1500万円!!!! 
ノーマルの倍ですね。
でも、ノーマルもこの値段でよかったかなぁ?って思います。
800万円前後はちょっと安いかなって思ってました。
こういうクルマは、思いっきり値段が高くて、普通の人は手が届かないくらいが
ちょうど良いんじゃないかなぁって思います。

Spec Vには【ハイギアードブースト】なんてものが装着されています。
ステアリングに装着されたボタンを押すと、80秒間だけパワーアップするのです!!!



まるでゲームの世界みたいな機能です。

コレを使って、土屋さんがTC2000でタイムアタックをするのですが・・・・
どうも揮いません (-"-;) 


「1分切るか!?」



なんて期待もあったのに、遠く及ばない結果になっていました。
タイヤとか、色々あるみたいです。
富士やもてぎじゃないと、真価を発揮できないのかもしれないですね。


同門対決3本勝負!! 最新スポーツ BESTセレクション!

マイナーチェンジされたマツダロードスター、ポルシェ911をそれぞれベスモ風にチェック!

ついでに、New Z NISMO S-tuneも出てきちゃいます。

対決① マツダロードスターRSソフトトップ vs. RHT(リトラクタブルハードトップ)

今回のM.C.で、顔面整形だけでなくエンジンの回転数Up(+500回転)、さ
らにサスペンションも見直されたロードスター!

ハッチャンが早速試乗です。

ハッチャンは以前「ロードスターは入門に最適!」とみんなにオススメしてきたそうですが、
新型になってからは 「あまりオススメできない・・・・(・'・;)」クルマになっていたそうです。
しかし今回のM.C.は、そんなイメージを払拭!!。

「こりゃいい!」


と、太鼓判を押していましたよ。
マジメにZOOM ZOOMしてるんですね、MAZDAさんは。
さらにベスモらしく、オープン時とクローズ時の”コーナーウェイト計測”比較なんてやってました。

幌を開けたほうが、重量物が後ろに行くのでやや後ろ加重になるようです。
と、いっても数キロ。
それに、幌はホイールベース内に有るからハンドリングに影響はそんなに出ないハズ。

んが。

さすがレーサー・はっちゃん。
クローズドとオープンでの挙動の差を「感じる」といってました。
ブレーキングで前加重になると、お尻の動きが微妙に違うようです。違うっていっても

シロウトに解るようなレベルでは、無いんだろうケド。

ちなみにロードスター。 プラスチックの屋根がついているRHTと通常の幌の2タイプが買えるのだけど
0-400とかサーキットのタイムアタックでは、殆ど変わらないようでした。
「RHTは軽快感がない!」なんて、モデルが追加したときに騒がれたけど、数値的には差が出ないようです。
盗難が心配だったり、普通のクーペとして使うならRHTが良いですよね。

対決② 日産フェアレディZ ST vs. NISMO S-tune

New Z34のNISOMO S-TUNEです。
と、いってもパワーユニットはそのまま。
エクステリア&足回りを中心にチューニングされただけです。

土屋さんインプレだけど・・・・「ちょっと変わった」程度だそうです。

なんかさ~Z34・・・・Z33のほうが、カッコ良かったよね。
Z34は、全長縮まったせいでなんかチョロQみたいだし。
Z33の最後のほうに出たVersion NISMO。
あれ、かっこよかったなぁ。銀座まで見に行った位だもん (*^.^*)

対決③ PORSHE911 BESTカレラはどれだ!?

一般人には、全く関係の無い特集(笑) PORSHE911特集です。
どれを選んでも、到底手の届かないお値段がついているポルシェ様。

大体、触ったことも無いわー。
カタログくらい欲しいけど、ポルシェセンターってドコにあるの~? (゜Д゜;≡;゜д゜)

ってか、お店に入れるんだろうか!?みたいな。 
「いらっしゃいませ」も言ってもらえなさそうなイメージです。

さて!
今回は、直噴エンジンの採用と2ペダルクラッチトランスミッション“PDK”の搭載で
燃費の向上と排ガスのクリーン化を実現しているそうですよ。


エントリーカーは  カレラ/カレラS/カレラ4/カレラ4S


早く読むと、舌噛みそうな感じです。
Sは速いヤツで、"4"が付くとAWDになるらしい ┐('~`;)┌

ココでもコーナーウェイト計測をしているけど、AWDモデルの方が前後バランスが
良いようです。どうやらAWDモデル前提で設計を行ってる!?

ローンチコントロール・・・・なんていう、0-400対応みたいな機能も付いているみたいです。
スイッチ入れて、ブレーキ踏んで、アクセル踏むと、あるところでロックされて、
後はブレーキを”ぽんっ”と離すだけ。
トラクションコントロールが見事に働いて、ベストなロケットスタートがキメられます。


しかもこのローンチコントロール 「何度でもOK!!!!」 なんだそうで・・・
車によっては「1回やったら、メンテナンスしてください」なんて車も有るらしいのだけど、
ソコはサスガのポルシェです。

いやね。
すごいのは、凄いんでしょうけど あまりに遠い世界の話なので
さっぱり解りません (;・∀・)

最後は Z NISMO S-tuneとこのカレラ4台でのバトルなんだけど
いつもの様にムチャクチャです。
っていうか、こんな中に入れられちゃってるZ、可愛そう  。・゜・(ノД`)・゜・。



荒 聖治のサスペンション検定! 第3回スーパーコンパクト特集

今回はカーオブザイヤーのトヨタiQが初登場。
それに、軽自動車が沢山です(笑)

エントリーカー
スズキワゴンR スティングレーTS
ダイハツムーヴカスタムRS
ホンダゼストスパークWターボ
スズキラパン T
トヨタiQ 100G レザーパッケージ


やっぱ注目は、iQでしょ!

唯一のリッターカーiQ、0-400テストじゃブッチギリか!?と思いきや、
メッチャ遅い・・・・・。
CVTのせいなのか、何なのかは解らないけどとにかく泣くほど遅いです。
ってか、最近のK-Carっての発信加速が凄いのかな?

ただし、スラローム対決になると話は別。
ワイドトレッドを生かして、ちゃんと接地しながら曲がれます。
相変わらず、VDC(スタビリティコントロール)はぴーぴー言ってましたが
それでもちゃんと曲がってました。
ボディもきちんと作ってるみたいですね。 さすがNew Wave~♪(笑)

っても、全体的な評価を見ると、ワゴンRかMOVEかなぁ?って気がします。
実際買うとしたら、税金とか保険とかいろんな面で有利なのは軽だもんね。
iQはちょっとオプションつけると、200万なんて軽く越えちゃう高額車だし ( ̄□ ̄;)


さっ。今月はこんな感じでしたっ。
[PR]

by tosiee | 2009-04-07 22:07 | クルマねた | Comments(0)


<< 野川桜ライトアップ      咲いてる~ >>