Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 23日

新型レガシィを試乗

新型レガシィ(DBA-BM9型)に乗ってきました。セダンなので【B4】っていうヤツですね。

発売されたばかりとあって、お客さんが沢山やってきていましたよ。
自分もその”沢山”の一部です σ(^◇^;)
d0087549_2251152.jpg




セダン&ワゴン系の車は、どちらかと言えばあまり好きじゃなくて興味は無いのだけど
CMをバンバンやっているでしょう?
あの映像、かっこいいんですよね。
そんなわけで、お店へ、Go!
試乗に行ったお店は、初めて行くお店でした。

試乗車を見て・・・・・・
かっこ悪い!!
CMと違う!!!!!



違いますよね!? と 営業さんに聞くと「CMの車は、エアロ付&18インチ仕様なんです。」とのこと。
試乗車は、17インチ装備のLパッケージ仕様車でした( ̄□ ̄;)!!。

ミッションは、5速AT。 MTで乗りたかったなー

コンソールの真ん中にはSi-Driveスイッチが付いていて、これでエンジンの出力が変わるそうです。

ハンドルには、パドルシフト!
このパドル、シフトレバーをマニュアルモードにしなくてもDのままで操作できます。
一時的に自動でマニュアルモードに移行して、暫くするとまたDに戻ります。

賢い!


そして、サイドブレーキはレバーじゃなくてボタンです。
しかも、掛けっぱなしでもアクセルONで自動解除。これまた、インテリジェントですね。
でも、サイドドリは出来なくなっちゃいましたね。

早速試乗コースへ出発。
ん・・・座っている位置が高い?
ボンネットが異様に分厚い感じがします-実際分厚い。

足回りは、すっごい柔らかいです。ちょっと、重心が上にあるって感じで、
フラフラしているようにすら感じてしまいました。
Vitzでもローダウンしてた自分としては、ちょっと怖かったです。
ハンドルを「キュッ」って動かすと、ちょっとふらつくような・・・・。
営業さんいわく、ロールをしながら曲がって行くようなセッティングだそうです。
インプレッサの試乗でも走ったコースだったのだけど、同じような速度で曲がろうとすると
(多分平気なんだろうけど)すごい恐怖感を感じました。

5ATだったけど、CVTかと思うほど滑らかでした。
シフトショックは、殆ど感じられなかった位。もう、CVTいらないじゃん!
CVTってエンジンの回転とスピードが一致してない感じで、なんか好きになれません。

静粛性ですが、これがすごい。
何も聴こえない、といったら言い過ぎかもしれないけどエンジンの音とかタイヤのノイズとか
もう、何も聴こえません。
レガシィは高級車だったのですね!!!

エンジンですが・・・・これが、凄かったです。
Si-Driveを通常モード(インテリジェント・モード)にしているときは、出だしでかったるくて
「所詮ATだよな~ぁ ┐(´д`)┌」なんて思ってたけど、SやらS#にすると
明らかにトルクの出方が違います。

しかもそれは、注意していないと感じられないくらい・・・・音も振動も無く凄まじい勢いで
エンジンが吹け上がるのです。

S#にして、ちょっとアクセルを踏み込んだだけで、あっというまに1xxkm出ました


え゛(゚Д゚)



って感じです。 室内はジェントルなのに、スピードはめちゃ暴力的です。

悪いことに、速いけど、速い気が全くしないのです。
気をつけないと白バイに速攻捕まるか 電柱に刺さるかのどちら!って感じです。

ただ、残念なのは速い気がしないってところです。
迫力とか、走っているゾ感とかが全く伝わってこないんですよね。
きっと、テンションバリバリな演出をすると長距離ドライブでは疲れる、という理由で
出来るだけノイズを排除しているのかと思います。
でも、折角速いなら刺激が有ってもいいかな?とも思います。
5000rpm辺りから、もっとエンジンの音を聴かせてくれる・・・・とかね。
「お父さんしか知らない領域」があっても、いいですよね(笑)。

ちなみにレガシィのお値段ですが、2.5㍑ターボでも278万~と結構お買い得です。
AWD+2.5㍑+TURBO、内装の質感も高級感あるし安いんじゃないかぁ?
NAだったら220万~。
今までもレガシィオーナーからすると、賛否両論でそうですけど
今まで興味が無かった人からすると「スバルから、アッパーミドルの車がでた!」ってかんじで、
比較的ポジティブに受け取れると思います。

でも、レガシィったらワゴンですよね。
ワゴンはどんな感じなんだろ?


また乗りにいかなくちゃ~ ε=ε=ε=┌(;゚д゚)┘
[PR]

by tosiee | 2009-05-23 23:31 | クルマねた | Comments(0)


<< 洋服の青山でキティ      新型 PRIUS >>