Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 06日

BestMotoring 2009年7月号

BestMotoring 2009年7月号が発売中ですっ。
d0087549_123367.jpg
今月の特集は・・・

①.世界初!R35GT-RフルラインナップBATTLE
②.ホンダスピリットはどうなる!?
  メーカー特集 HONDA の挑戦魂!
③.豪華オマケ? 「ドリフト O - 40's」が裏ベスモで登場!





世界初!R35GT-RフルラインナップBATTLE
1 スペックV & 09NISMOインプレッション
2 GT-RフルラインナップBATTLE
3 3台比較解説 by 土屋圭市
4 水野和敏チーフエンジニア vs. 木下隆之 トークバトル


仙台ハイランドで行われている、GT-Rの開発現場にベスモが潜入しちゃってます。
っていうか、日産もこうやって研究/テストの場面を積極的に公開して、
GT-Rが色褪せない様に、工夫しているみたいですね。

実際、数ヶ月に1度はGT-RやM.C.やグレード追加を行って、発売から1年半くらいしか
経っていないにもかかわらず、足回りなんかは結構な変更が加わっています。

現場に乗り込んだのは、ドリキン・土屋さん、木下隆之選手、影山正美選手の3人。
この3人がそれぞれ、Spec.V、標準、NISOMO仕様に乗り込みバトルしちゃいます!
d0087549_1245717.jpg
バトルの流れは当然の様に、”お値段どおり”。
標準車だって、市販車のレベルからすれば常識ハズレな領域らしいけど
Spec.Vは、コーナーで標準車の車半分インにつけてしまうほど、コーナリング性能が
高められているようです。
GT-R3台がバトルしている姿は、かなりの迫力もん!
後半、絶対に1位にならないとマズい、Spec.Vを駆るドリキン・土屋さん。
ミスしながらも、イジでトップとってました。
っていうか、みなさん楽しそうにバトルしてました!。

このバトルって開発陣からしても、結構オイシイデータ取りの機会になったんじゃないでしょうか?
一流ドライバー3人が一度にコースインして走らせるようなことは、幾らなんでも無い様です。
実際、水野チーフエンジニアも 「今回のバトルで、3つの仕様の方向性がハッキリした」的な
ことを言っていましたし。

ベスモ5月号の筑波初アタックでは、1分ギリを達成できなかった問題について
木下選手が水野チーフへのインタビューもありました。
d0087549_1252856.jpg

その理由は 「リヤのキャンバーが規定値にセットされていなかった。」 との事。
日産のHi-Performance Centerの仕事が、キッチリなされてなかったと認めていました。

ただ、この「1分切り失敗」件のおかげで、整備の方法を見直せたんだ、と言っていました。
Spec.Vのオーナーさんは、今すぐディーラーでアライメント取り直してもらわないと


GT-R、確かにすごいのでしょうけど何故か魅力を感じません。
たぶん、普通の人が買っても楽しく無いと思うんですよね。
最初は自慢できるとか、パワーがあるとか・・・あると思うけど、サーキット持ち込んでも
ウデが無ければ乗りこなせないし、たとえタイムが良くても 
「車が速い」ワケでしょ????。

きっと 「速い車ですね!\(^o^)/」 って言われても
「上手いですね ( ̄ー ̄)b」 とは言ってもらえない気がします。

そんなんは、いーや~ だぁ~ 。・゜・(ノД`)・゜・。

あと、ATって所も、NGかなぁ。
ホンダスピリットはどうなる!? メーカー特集 HONDA の挑戦魂!
d0087549_1293967.jpg
ホンダ特集です。
ここだけでもホンダオーナーなら買い!な、内容です。

ここに出て来る車たちは

インサイトLS
オデッセイアブソルート
アコードツアラーTL
S2000 TYPE S
シビックTYPE R

”今のホンダに本田総一郎の魂はあるのか!?”というテーマで、TC2000を
4人乗車でインプレッション。
乗るのはいつもの土屋さん、服部選手、荒選手、井出選手。

マズは【ハイブリッド対決】
インサイトLS V.S トヨタ プリウスS。ついでに、シビック・ハイブリッド。

新型プリウスはまだ発売されていなかったので、旧型プリウスが出てきます。
と、いっても旧型も”プリウスEX”で法人向け販売されるんですけどね。

インサイト、ハンドリングがイイみたいです。サーキットでもいい感じで走ってます。

Hybridでもサーキットで楽しく走れるように作ってしまうのが、ホンダ流?
大して、プリウスは直線はイイけどコーナリングは苦手みたい。
スタビリティコントロールも早い段階から介入し、ドリキンから言わせれば
「まだ滑ってないよ! っていうか、滑ってるかどうかはオレが決める!」と
言ってました(笑)。
シビックは、オーソドックスなセダンなので走りは3台中一番マトモだったみたいです。

そりゃ、あのTYPE-Rのベースなんだから、きちんと走るよね。

【ミニバン対決】ここでは オデッセイアブソルート V.S. エスティマアエラス そして、スバル エクシーガ2.0GT。
オデッセイ、一番カッコイイです。
見た目も低いし、全然違います。
ハンドリングも、オデッセイは低床低重心が利くのが、一番マトモ。
エクシーガは2㍑ターボで速い!!!!のですが、全く曲がらないそうです。

走りはともかく、大きくてエラそうなのは”エスティマ”かなぁって気がしました。

【ワゴン対決】アコードツアラーTL V.S. アテンザスポーツワゴンEX です。

アテンザ、カッコイイですね。
しかしっ。
アコードツアラーのほうが、断然速い。 全然勝負になってません。

【スポーツカー対決】さっきまでは同時にコースインしてインプレしてましたが、ここは単独走行での
インプレッションになってました。
S2000 TYPE S & シビックTYPE R & マツダ ロードスターRS & スバル インプレッサWRX STIです。

そしてそして、最後は筑波コース2000でのバトルです。
バトルも豪華に2本立て!!!

【エコカー・バトル】 インサイトLS v.s. プリウスS v.s. シビックHybrid v.s. iQ 100G

エコな車でバトルです。スポーツ走行でも燃費はいいのか!?

ココでは、パワーのあるプリウスが優勢か!?と思われたけど、ハンドリングがいい
インサイトがトップ!!!
インサイト担当のハッチャンも 「ノーズが入る! 楽しい♪」 とご機嫌です。

一方プリウスは、バッテリー切れでiQにすら抜かれるという情けなさ・・・・。

モーターアシストが強いプリウスは、結構な勢いでバッテリーを消費するようです。
サーキットみたいなステージでは、スグに電気を使い切ってしまうようで
1周しかバッテリーが持たなかった・・・と担当ドライバーの井出選手。

でも、どの車も全開走行時はスグにアシストが無くなってしまうし、燃費も激悪。
スポーツでもエコ!な時代は、何時来るんでしょうね。


【スポーツカー・バトル】
S2000 TYPE S v.s. シビックTYPE R v.s. ロードスターRS v.s. インプレッサWRX
STI

ここはもう、普通にバトルです。
ただいままでと違うのは、ハンデをグリッド順でつけるのではなく”スタート位置”でつけています。
P.P.はロードスター、 シビックやS2000は最終コーナー付近、 一番速いインプレッサは
なんとバックストレートからのスタート。

ハンデが余計に土屋さんの心に火をつけたのか(?)、めちゃめちゃノリノリで
P.P.スタートのロードスターを追いかけます。
その後ろは、ハッチャンのシビックR。

ちなみにシビックRとS2000、タイムアタックだとシビックRの方が速いんです。
値段は、S2000 TYPE-Sのがずぅ~~っと高いんですけどねσ(^◇^;)


豪華オマケ? 「ドリフト O - 40's」が裏ベスモで登場!
d0087549_12123444.jpg
このコーナー、メニューから選択しないと見られません!
見逃しちゃっている人も居たりして!?

この企画、なんと2年ぶりだそうです。
かなりの放置企画。
これ、参加したいな~っておもうけど、Over 40じゃないとダメなんですよねぇ。

そんな放置企画ですけど、今回新メンバー加入


              なんと荒聖治選手! 


でも”ドリフト経験は無い”って事で、シロウトとして参加です(ノー・ギャラって言ってました)。
しかも何故か、荒選手のお宅訪問コーナーあり!
所有しているR32とR34や、GT-R関連のコレクションを披露してくれます。
d0087549_12125853.jpg


隠れ映像なのに、豪華です ( ・∀・)ノ

「GT-Rを横向けて走らせる!」 が荒選手の夢。
GT-Rでのドリは絶対カッコイイ!と、さっきの愛車紹介で出てきたのとは違う、白いR32で登場。
どっかに作ってもらったのかなぁ?

Over 40's加入オーディションと称して、荒選手・初ドリフト!!
d0087549_12141919.jpg
アングルをつけたドリフトは上手くキメられない変わりに、車が前に進む!!!!
GTドライバーは、車を前に進めるのが巧いんですね!

   「全然できないや~!」

なんていってたけど、かっこよかったです。サスガはプロ。
d0087549_12132781.jpg


今回で正式メンバーになったみたいで、次からは荒選手は、”車好きの荒君”として
練習に参加するみたいです。
次からは、きちんとしたレギュラー企画になるのかな?
[PR]

by tosiee | 2009-06-06 12:14 | クルマねた | Comments(0)


<< 新型レガシィ・ツーリングワゴン      許せん! 振込めサギ >>