Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2009年 06月 14日

新型プリウスに試乗

超話題の車、プリウスに試乗してきました。
d0087549_21584018.jpg
なんだか毎週毎週何かの車に乗りに行ってる気がしますけど・・・・。
最近は面白い車いっぱいあるしね~。



行ったのは、Vitzを買ったNetz店。
すでにVitzは持っていないから、殆ど無関係なんだけどそのときの営業さんを尋ねて試乗させてもらいました。

聞けばすでに10万台近い受注
年内納車は無理かも!?

という、ムチャクチャな状況だそうです。
車体はどんどん作っているけど、バッテリーが間に合わないそうです。
まっとにかく運転です。

雑誌やTVで絶賛されているHybridって、どんなものなんでしょう?
そして、インサイトがボロカスに叩かれる理由ってなんだろう?と思いながら、乗りました。
 - ホンダのインサイトは2月に試乗してます。

「車出しますね。」と、駐車場から持ってきてもらうと、もうすでにHybridカーな場面に遭遇します。

エンジン止まってます\(・o・)/。

聴こえるのは、タイヤと路面が擦れる音とわずかに聞こえる”キィイイイイイインン"という、モーターの音。

運転席に乗り込むと、やっぱりエンジンは掛かっていません。
でもエアコンは、普通に動いていて快適です。

ちょっと今までと違う操作方法のシフトレバーを"D"に入れて出発 ♪(^o^)/

エンジンは止まったまま走っています・・・ここでエイヤッとアクセルべた踏み。
すると流石にエンジンがスタートするけど、そのタイミングは殆どわかりません。
わずかにノイズが増えたかな?ということと、インジケーターがエンジン始動を教えてくれるくらいで
エンジンの動きは殆ど隠されています。
インサイトもこの辺りは、解りにくく(静か)だったけどプリウスのほうが静かですね。

インサイトと一番違うのは、信号待ちからのスタート。
エンジンが主役のインサイトは、ブレーキからアクセルに踏み替えた瞬間に
エンジンが掛かって、「どるるるるん」と車体が揺れます。

エンジンとモーターのW主演のプリウスは、最初はモーターでするりと出発。
力強い加速が必要とあらば、エンジンがひっそりと始動して2つのパワーで走ってくれます。
と、いうか元々エンジンがかなり静かで影武者状態なので、どっちにしてもひっそり走れます。


インサイトもプリウスも途中からのエンジン、またはモーターのアシスト介入は殆どわからないくらいで
スムーズでした。


ブレーキを踏むと、充電が始まるらしいんですがこのときの音がまるで「電車のよう」でした。
ひゅうううう~んっていう、駅に入ってくる電車の音がします(笑)
そしてこのときの制動力は結構強くて、普通の車のようにブレーキを踏んでいるとちょっと
ブレーキが強すぎる感じでした。
足をブレーキから離しても、ちょっとブレーキを引きずるような感覚が有って 
「ブレーキ時はとにかくエネルギー回収!」って感じで、頑張っているようです。
ブレーキは、ちょっとコツが必要かもしれません。

足回りは、営業さんの計らいで、
ちょっとしたワィンディングを走らせてもらえましたが、とてもシッカリしていました。
標準グレードの足回りだったけど、軽く攻めるくらいまでならこのグレードでも十分なんじゃないかな?って
思いました。
"エンジン+モーター"のパワーでのパワー感は、このクラス(1.8㍑)としては、ちょっと速い位と
営業さんは言っていました。
ただ、雑誌に載っている"2.4リットル並の加速"は「言い過ぎですね。」だってσ(^◇^;)
でも、普段使い+αくらいまでは十分以上のモノだと思いした。

そしてEVモード
これがやりたかった。
EVモードは、その名の通りモーターだけで走っちゃうモードです。
未来の電気自動車が、今日体験できてしまうのです!!!!!!

EVモードスイッチをオン!。
普通です。
 普通に走ってます!!! インジケーターを見る限り、エンジン停止してます。

おおおお~ドコまで行くんだ!?と、53Km/hくらいまで出すことが出来ました。
何の違和感もありません。
そしてエンジンの音はなし! - 元々静かだけど。


EVモードはバッテリーや路面状況にイロイロ制約があるらしく、長い坂道などではスグにキャンセル
されてしまうようでした。
アクセルを踏みすぎると、すぐさまEVモードはキャンセルされてしまいます。
というわけで、逆に 「ドコまでEVモードで走りきれるか!?」なんてチャレンジも楽しいです。

でも、平坦な市街地では使えたのでこれはきっと閑静な住宅地で、ひっそり走りたいときに
使うんでしょうね。
でも、音がしないのも考え物で・・・・・・歩行者が突然車道に飛び出すという危険性もありますよね。
まぁそういった場面では、教習所で習ったとおりの徐行運転をすればいいのかなぁ。
プリウスの試乗、すっごい楽しかったです。
Hybridはインサイト以外知らなかったし、なんだか新しいジャンルの車に乗った気がしました。

インサイトとプリウスは、どちらもHybirdというジャンルとして取り上げられているけど
この2つは別物なんだなぁと感じました。

インサイトはあくまでも、エンジンがメインでモーターは脇役。
いかにもホンダらしい考えた方、システムだと思います。
エンジンを使って走る感覚が好きな人には、違和感無く乗れる方式に思えます。

プリウスは、基本的にはモーターで走りたいけどそれじゃショボイので
エンジンも動きます!という印象です。
または、その逆。
つまり、エンジンとモーターはどちらもバランスよく休止/動作をし、どちらが主役ということも
感じさせません。

自分の好みでは、エンジンで走るインサイト。
やっぱりエンジンで走る楽しさは、味わいたいです。
でも、質感や目新しさで言うと、プリウスのがいいなぁって気がしました。

2つはクラス違い(1.3㍑と1.8㍑)で、値段も違うのだから質感での比較はフェアじゃないけど。

さてさて、プリウス+インサイトで10万台以上の受注があるわけだけど、今年の年末辺りは
どこもかしこもこの2台だらけになってしまうんでしょうか?

納車待ちの皆さん、いまから個性的なエアロ ホイールを注文しておきましょう!
そうしないと、奥さんや子供が他人のプリウスやインサイトに乗り込んじゃいますよ~ (;・∀・)
[PR]

by tosiee | 2009-06-14 22:51 | クルマねた | Comments(0)


<< 西友の298円弁当      凄くかわいくない 低燃費少女ハイジ >>