Reflections of Reality

lunardrops.exblog.jp
ブログトップ
2014年 10月 13日

SUBARU LEVORG 1.6GT-Sに試乗

大人気(?)らしい、スバル・レヴオーグの1.6㍑に試乗してきました。
モーターショーで発表になってから、半年位待たされての発売になりましたよね。
その間、TVでCMガンガンやってていかにも【売る気マンマン。マジっす】って雰囲気バリバリでした。

レヴォーグはでっかくなり過ぎた、現行レガシィを小さくして日本向けに新しく作ったモデルだそうです。
現行レガシィは見るからに「これ、アメリカ向けでしょ?」って感じだったけど
やっぱり、日本の消費者にはウケなかったようです。

レヴォーグは、ワゴンだけど最近になってセダンVer.も発売になりましたよ。
こっちは、WRXっていう名前です。
レヴォーグ・セダンと呼ばないのは、きっと販売上の戦略があるのでしょうね。
ちなみにWRXには、スバリスト垂涎の(と、いうか出て当然の?)STIもでます。昔でいう、インプレッサWRX STIですね。
で、このレヴォーグとSTIもあるWRXが兄弟ってのは結構キモだとおもいます。
ハイパフォーマンスなWRXのそっくりさんのレヴォーグは、それだけ”ボディ剛性が高いのでは?”と期待が上がります。
d0087549_11033095.jpg
レヴォーグの価格ですが、1.6㍑でなんと247万(税込266万)です。
思いました・・・・高いんじゃねぇの?





1つ上のグレードの2.0リッターモデルは、なんと310万(税込334万)
高けぇ。

しかし、最近は排気量で値段を見積もる時代じゃないのです。
こいつは、最近流行の「ダウンサイジング・ターボ」って奴で、車の持つ
数値的な性能は、排気量以上・・ということになっています。

他メーカーで言うと、VWゴルフ・ヴァリアントなんかを見てみると、1.2㍑で280万の値札をつけています。

営業さんいわく、ライバルは海外のプレミアムカーということらしく
比べるなら、そのあたりと比較してほしいそうです。
それだけ、作りにも自信があってプレミアム感は出ているそうです。

っても、SUBARUですよね・・・・(・ω・;)
あまりイメージはありません。ラリーとかイメージはパフォーマンスの面ではいいけど
上質感という面では、どうなの!???って思っちゃいます。
d0087549_11114964.jpg
外装は、ゴツゴツしてて嫌いかなぁ・・・・。
なんで、いっぱい折り目はいってるんだろう(-"-)って思っちゃいます。

内装は、結構スッキリまとまってて綺麗な印象でした。
ボタンも少ないし、真ん中はピアノブラック加飾のパネルが貼ってあったりして
ちょっと高級感あったりします。
d0087549_11125529.jpg
センターコンソールの一番上には、インフォーメーションディスプレイがついていて、燃費とかが出ます。
操作キーも真ん中についています。
これは、助手席からも触れるようにっていう配慮だそうです。

メーターは2眼になってて、真ん中にはEyeSightや燃費やギヤポジションのインジケータがあります。
こっちは、ドライバー専用のモニターですね。
コンソール側のディスプレイは、みんなで。
メーター内はドライバー専用!みたいな感じになってるんですネェ。
d0087549_11151676.jpg

さぁ1.6 DITのLEVORG 1.6GT-S EyeSightで走ります。
ミッションは、CVTです(MT設定なし)。

エンジン掛けてすぐ思うのが、静か・・・
ほとんど音がしないです。
振動ないです。(86/BRZのエンジンは、ガサガサいうのに)

そして、着座位置の高さ。
これは乗り降りのしやすさに貢献しているけど、目線は高いほうだと思います。

走り出して直ぐ気づくのが、トルクあるッ!
ぐぐっと車を引っ張ってくれます。
これは、1.6だということはすぐに忘れてしまいます。
ターボの立ち上がりは、1800rpmからで25.5kgmを発揮するそうです。それが4800rpmまで続きます。

0km発進や中速加速でも特にイライラさせることもなくす~っと走ってくれるので
これはこれで、イイです。

それと、足は相当固いみたいです。
結構ゴッツンゴッツン来てます。でも、ボディがさらに固いのか(WRX譲り!?)その
固い足をがっちり押さえている感じがして、変な振動とかは車内に伝わってきませんでした。

ちょっとペースをあげて、バンプのあるところを駆け抜けて「サス、かなり伸びた?」っていう場面でも
バッチリ抑え込んでくれてました(結構、イケナイ速度で走っていたような?)

でも、積極的に走ろうとするとちょっと・・・・(;´▽`A``
さすがに、CVTのマニュアルモードを使って、ガンガン走ろうとすると、
一気に「これは実用車です」という
感じが出てしまいます。

いうほど、速くはないです。

とはいえ、高速を法定速度+αくらいで、数百キロぶ~んと流すくらいなら不満でないんじゃないかな?
高速をぶぉおおおおおおおおおおおおお~~~っと”ぬゆわ”な速度でぶっ飛ばすなら、2.0㍑モデルでしょう。

EyeSight Ver.3ですが、残念ながらあまり試せませんでした。
というか、MAZDAディーラーでの件があったせいなのか、あまりお客さんにデモは
やらせないように、しているそうです。
なので、ちょっとだけ追従クルーズコントロールを試してみたけど、やっぱりこれは
高速道路で使うものみたいで・・あまり遊べなかった。
車線またぎ警告だけは、しょっちゅう鳴ってて(笑)、ちゃんと車線を認知していることが解りました。

2.0㍑エンジンも試したくて、そっちも乗りました。
これは、300馬力出ちゃうとんでもないエンジンです。

LEVORGに試乗は無かったので、WRX S4での体験になりました。

常用粋では、1.6㍑のほうがよさそうです。
2㍑は、上では回るけど下のトルクが出てくるまでがちょっと遅いみたい。
1.6㍑のLEVORGのほうが、スムーズに発車できる感じがしましたよ。

あと、WRXとLEVORGには、CVTモデルしかないのだけど(STIには6MT)、
これと2㍑+300馬力エンジンの組み合わせはモッタイナイと思います。
というのも、CVTの変速タイミングはとっても遅くて
シフトダウンしてほしいときに、ぱぱっぱと下がってくれません。
せっかくガンガン回って、パワーのある2㍑エンジンが楽しめないのです。

中間域での加速は、感動モンです。
1.6㍑ではちょっともっさりしてた領域でも
これ、空飛ぶんか? って
くらいの加速をカマしてくれます。
これだと、本当にMTで操りたい!って気になります。

そう、LEVORGの2㍑+CVTや、WRX S4 2㍑+CVTという組み合わせは、CVTのせいで
エンジン性能をムダにしていると思います。
(きっと、SUBARUはスバリストの声を聴いてくれることでしょう!LEVORGのMTはきっと出ると思います!
「待望のMT追加!」とか言ってね。)

上質・・をウリにしているということで、オプションで本革内装(シート)が選べたりします。
GT-Sになると、黒内装に青ステッチのシートが選べます(GTだと、アイボリーも選べます!)
d0087549_11394014.jpg
いいですねぇ。
運転席周りもこんな風になって、シフトレバーまわもステッチが入るそうです。
d0087549_11393676.jpg
d0087549_11394466.jpg
GT-Sは、ビルシュタイン足と17インチブレーキと、18インチホイールが付きます。
でも、内装は黒のみ。
アイボリーが欲しいよ!っておもうと、GTになるんだけどそうなると足はノーマル。
ブレーキは16インチ、ホイールも17インチになってしまいます。
GTとGT-Sは、10万しか変わらないのにこの差は!
アイボリー内装を選ぶために、ブレーキ&足&ホイールはあきらめられないよねぇ (*´Д`)=з


外装の装備は大抵ついているので、車両本体価格からオプションで支払総額が超・上がるってことも無さそうです。
フロントのLEDデイライトは、オプションで4万ちょっとです。
選んだのはそれくらい。

あとはお好みで写真みたいな、STIのリップを付ける・・・とかね。
d0087549_11455293.jpg
結構売れているらしいから、メーカー系の部品つけると他人と同じになってしまうので
避けたいところ・・きっとオートサロンで、個性的な奴がいっぱい出てくるはずです。
ただメーカー系のパーツは、割れたりしないって利点があるんですよね。
社外のって、石とかぶつかるとすぐ壊れるから


LEVORG 1.6㍑、良かったです。
でも、この車を考えるなら目線を海外メーカーのワゴンに向けてもイイと思います。
日本にはライバル居ないけど、海外にはVWほかワゴンがいくつかありますからね。

AWDとEyesightは、こいつだけにしかついて無い、スーパーな装備だとおもうけど。


[PR]

by tosiee | 2014-10-13 11:51


<< 嵐が去って。      消防設備士試験 合格発表 >>